logo

アート市場におけるビジビリティのために、Artprice、Artron、Cisionが提携へ

Artprice.com 2019年01月16日 11時55分
From 共同通信PRワイヤー

アート市場におけるビジビリティのために、Artprice、Artron、Cisionが提携へ

AsiaNet 77037

パリ、2019年1月11日/PRニュースワイヤー/ --

かつてのヘゲモニーと新しい競合

記事:Aude de Kerros

2019年の初頭における国際アート市場は、既存のグローバルアート市場のシステムに対して重大な衝撃を与えるであろう変革を見せています。このような構造的な変化の底流には、データバンクの作成ならびに運営を手がける3企業の提携があります。3社の協力体制によって、かつて例のないビジネスストラテジーが展開されます。この内の2社は、オンライン販売能力をもつアートを専門とした企業であり、もう1社は、世界の報道網から取捨した情報を直接関連メディアやプレスに供給するCision社です。

(Logo: リンク )

(Photo: リンク )

この協力体制は、過去10年間における通信システムの技術革新と、ジオポリティックスの力関係に見られた根本的な変化を経て実現されました。さらには「メインストリーム」を成すハイエンドアート市場と、一連の「ローカル市場」間に分裂が生じています。前者は、世界的なビジビリティを有する「コンテンポラリー・インターナショナル」市場であり、後者は「非イノベーティブ」とみなされ、高級で教養化されたアート界からは外されたものを指します。こういったコンテキストを背景とし、Artprice、Artron、Cisionの三社において新しい提携関係が結ばれました。

- このような革新的な三社体制は、上場フランス企業であるArtpriceの主導で確立されました。同社は、自由と自律性に対する非妥協主義で知られた伝説的な人物によって創立ならびに運営されています。Thierry Ehrmannは、世界のアート市場に関するもっとも包括的なデータバンクをクリエートし、「グローバルファイナンシャルアート」と、「非高級ローカルアート」の双方を網羅したデータバンクを実現しました。これにより、フランス政府が明確に(国レベルで)回避してきた後者のカテゴリーがデータに加えられたことになります。フランス政府によってアーカイブされている作品は、「公式に認知された」コンセプチュアル/コンテンポラリーアーティストに限られています。

- Artronは、1993年に創立された中国の文化事業企業で、中国におけるアートならびにアート作品のプロモーションをねらいとし、同国で開花したアート分野の育成に必要とされるあらゆる手段を供給します。共産主義下におかれた中国では、アートオークションがほぼ皆無の状態でした。また同社によって、中国のアート界のあらゆる流れを網羅したデータバンクが作成されています。

- Cisionは、シカゴに本社を置くプレスオブサーバー兼ディストリビューターで、世界のメディアとの間に個別に築いた関係を、各国のインフルエンサーや、コミュニケーションストラテジストに向けて発信します。

カルテルと専売にもの申す!

アート界のロビン・フッドThierry Ehrmannは、専売や仲介を目の敵とし、その排斥に日々務めています。彼の嫌悪感は、時とともに「アートの世界を経済的ならびに知的プレデター」から解放する、という実際的な使命に昇華されました。自社Artpriceのデータバンクに集められた情報を分析することによって、「ニューヨークで把握されているグローバル ハイエンドアート市場が、全世界における覇権的なビジビリティを享受している」ことが明らかにされます。この市場は、実質的なルーツも競合相手も持たないサプライマーケットとなっています。同時に、「リアル」な市場が需要本位のもので、前者よりもかなり大規模な市場であるにもかかわらず、ビジビリティの不在によって未成熟なままである事実も認知されました。

一方の覇権市場では、高度に張り巡らされた国際ネットワークを介して共通の利益がシェアされ、見本市、オークション、美術館や国際的なギャラリーにおける展示を通じて順調な成長を遂げています。そのビジネスモデルには、ふたつのレベルが組み合わされています。ひとつは、純粋な金融市場に非常に近く、閉鎖的な回路でコレクターによって維持されているもの、もうひとつは派生的なアーティグッズによって成立しているマス市場です。この市場では、限定シリーズで工業生産された、あらゆる価格設定とフォーマットの製品(ギャラリーのレプリカからキーホルダーやTシャツまで)が取り扱われています。ここではオークションで高額で取引されるオリジナル作品が、「プロモーショーナルアイコン」に置き換えられています。

ハイエンド市場と、姉妹的存在のローエンド市場を合わせたこの市場の意義は、その収益性と多様な実用性にあります。社会的そしてビジネス上のプラットフォームとして機能し、さまざまな文化イベントや観光アトラクションの実現、美術産業の促進を担っています。「グローバルフィナンシャルアートシステム」は、多くの人々に収入を生み出すとともに、庇護者や企業、各種組織団体からの免税を含めた特権や寄付、場合によっては国からの助成金を享受しています。

Thierry Ehrmannは、これを、秘密裡の協定に基づいたクラスターをベースにし、自らのイメージに閉じ込められた市場だとします。

彼は、客観的な情報から成る自社のデータバンクによって、市場のキー情報を優先的に獲得し、進取の気性に富んだストラテジーを支える分析力を手にします。彼は、アメリカに先がけた2009年当時に中国がアート市場のリーダーとなる(リンク )ことをだれよりも先に認識していました。もっともこの説は当時のメディアから軽んじられ、目だった評言もなされませんでした。Thierry Ehrmannこそが、「中国市場のデータを含まない限り、世界的なデータバンクとして成立しない」ことをいち早く察知していましたが、中国のデータへのアクセスは、言語の壁とインターネット関連のバリアによって容易ではありませんでした。こういった現実から、中国企業のArtronとのあいだに関係を築くというアイデアが生まれ、結果的に2018年の9月に公式提携というかたちで結実されました。

すでに他国において実現したように、Artpriceは、全世界でアート市場データがアクセス可能となることをねらいとします。このためには、さまざまな作業のなかでも、固有名詞のスペルをそれぞれの言語に合わせて翻訳して記録するという工程が要されます。Artpriceは、中国が規制するインターネットの国境を越えられるように特別な許可を得る必要に迫られました。結果的に、とりわけ高級品の購入で知られたプラットフォームであるWeChat(*1)(
リンク )が、中国の国境を越えて使用できるようになり、この情報の流動性を受けてアート作品のオンラインコマースが可能になりました。

2017年の時点でArtpriceは、自社データがスマートフォン上で利用できるようになったこと(大半が無料)、アートに興味のあるあらゆる人に開かれたことによって、情報フローが圧倒的に激増し、アート市場のクライアントが大幅に拡大されることを予期していました。この変革こそが、「アート市場を、仲介者を排除した需要に基づいたオンライン市場にする」というストラテジーのコアとなります。

しかしながら、生の情報のみでは真の革新には足りず、これを補完する分析ツールが必要とされます。Artpriceはこのニーズに的確に応え、さまざまなアングルからアート市場を理解できるよう配慮し、等しくアクセス可能な豊かなインデックスを作成しました。

今やアート市場を把握することは、専門家や玄人のみの特権ではなくなりました。つまるところ、アートの啓蒙化が達成されたことになります。

最後に残された課題は、ビジビリティの独占状態にありました。そこでEhrmann率いるチームは、アート市場からの情報全般を、各国の全ジャーナリストならびにメディアに向けて発信することを決断しました。この新たなプロジェクトは、去る2018年12月に120年の歴史を誇るプレスの権威CisionとArtpriceが交わした契約を施行するもので、アート市場を専門とする世界発のプレスエージェンシーが創設されます。アートプレス エージェンシーこの契約が意図する「アクセス トゥ インフォメーション」改革は、既存のシステム基盤を覆すことにあり、サプライ/デマンド、グローバル/ローカルのいかんを問わず、さまざまな異なる市場が、一様に競合状態に置かれることになります。

覇権的な「グローバル」アート市場から、平等な競合下におかれた「多元的」なアート市場へ

Artron、CisionとともにArtpriceが取るイニシアティブは、「真」のグローバル市場を認識し、承認することに基づきます。この市場は、圧倒的なビジビリティを有する「グローバル-ファイナンシャル」市場の陰になっています。事実、現在もっともアートに投資が行われている中国では、さまざまなアート傾向間に差別化が行われていません。中国では、ニューヨークで認められたコンセプチュアルアートを含め、100万ドルを大きく上回る超ハイエンドなアートを消費するのと同等に、長い美術史の伝統において純粋に美的見地のみに焦点を絞ったアーティストの作品(とりわけ中国人アーティストの作品)も消費されています。今日の中国市場は、ジオポリティックスの見地に立った世界のアートの真の多様性を、ニューヨークの市場よりもはるかに如実に映しとっています。

ソ連の崩壊以後、「グローバル-ファイナンシャル」アートがリフェランスとして定着してきましたが、その天文学的な価格にもかかわらず、アートがもつべき挑発力や驚かせる力は失われてしまいました。歴史上の結末としての「グローバル カルチャー&アート」という概念は、過去10年間において多くの国で問われてきました。「グローバル キッチュ」アートは、20世紀的ユートピアの最終的な化身として捉えられるでしょう。20世紀的ユートピアでは、未来のアートが、全地球上であらゆる人にとって均質で同一なものとして構想されています。

この理想郷的ビジョンは、「社会主義インターナショナルとコミュニスト リアリストアート」による声明と並行して出現したように見え、今日では、最新の「グローバル-インターナショナル-ファイナンシャル-コンセプチュアルアート」の具現化と対峙しているように見うけられます。いわば一コインの表裏によって、世界が、「すべてに説明がつく」とする経済的な唯物主義に還元されてしまっているといえるでしょう。

(*1)Artpriceは、WeChatサイトの所有権を持つ唯一の欧米企業です。(WeChatは、中国の法律を遵守する企業に留保されています)このサイトは、18億人を超える世界の中国人インターネットユーザーによって使用されています。

contrepoints.orgで記事を見る(仏語のみ) リンク


弊社のサービスを試す(無料デモ) リンク

弊社のサービスを購読する リンク


Artprice について:

Artprice は、Euronext Paris、SRD long only および Euroclear によって、Eurolistに記載されています。7478 - ブルームバーグ:PRC - ロイター:ARTF

thierry Ehrmann により設立 (Who's who公認の経歴を見る ) (c) リンク )

動画で Artprice を見る リンク

Artprice は、美術品の価格および索引データバンクにおけるグローバルリーダーです。3000万件以上の索引と、70万人以上のアーティストをカバーした競売データを有します。Artprice Images(R) は、世界最大のアート市場リソースへの無制限アクセスを提供しています。ライブラリーは、西暦1700年から今日までの1億2600万点に上る芸術作品の画像ならびに出版物を所蔵し、それぞれにArtpriceの美術史家によるコメントが付記されています。

Artprice は、6300にのぼる競売業者からの情報で自社データバンクをたえずアップデートし、世界の主な通信社や7200近くの国際プレス出版社に向け、アート市場のトレンドを発信しています。Artpriceは、450万人のメンバーに向けて美術品の売買における世界的リーダー市場へのアクセス権を提供します。Artpriceでは、アート市場に向けたブロックチェーンを準備しています。これは去る2018年3月に出版され、BPI(フランスの国立科学ラベル)の認定を受けたArtpriceによる2017年度国際アート市場の年次報告です: リンク

Artpriceは、アート市場における中国のリーダーArtronグループをパートナーとし、緊密な提携関係を構築しています。

Artronグループについて

Artron Art Group (Artron)は、1993年にWan jieによって創立された包括的な文化産業グループで、美術的価値の継承、称揚ならびに普及に取り組んでいます。豊かなアートデータをベースとするArtron社は、アート業界ならびにアートファンに向けて、ITアプリケーション、最新のデジタル技術、イノベート技術や機器を駆使し、プロの鑑識によるサービスとクオリティ製品体験を提供しています。すでに6万冊を超える書籍やオークションカタログを実現したArtronは、世界最大の美術書出版社であり、その年間出版量は3億万冊に上ります。アート部門に300万人を超える専門業者メンバーを擁し、世界的なリーダーとなったウェブサイトには、1日当たり平均1500万人のビジターを集めています。

Artonのウェブサイト:www.Artron.net(リンク

Artpriceの現代アート市場に関する2017年度年次報告 - 無料アクセス: リンク

Artprice のプレスリリース:
リンク
リンク

Artmarket ニュース:
リンク & リンク
リンク フォロアー数340万人
リンク

現代美術館で有名なカオス邸に本部を置くArtpriceの世界とアルケミーをご覧下さい
リンク
リンク
リンク
カカオス邸 現代美術館
リンク フォロアー数340万人

コンタクト: ir@artprice.com


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]