logo

サーバーワークス、サイバーセキュリティクラウドと販売代理店契約締結

※本ニュースリリースは株式会社サイバーセキュリティクラウドと株式会社サーバーワークスが共同で配信しています。重複して配信されることがありますが、ご了承願います。

株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役:大石良、以下「サーバーワークス」)は、株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野暉、以下「サイバーセキュリティクラウド」)と販売代理店契約を締結し、2019年1月17日からAWS WAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」の提供を開始いたします。

販売代理店契約締結の背景
サーバーワークスは、AWSに特化したインテグレーション事業とサービスの提供を行っている、クラウドインテグレーターです。2009年よりAWSに特化したインテグレーション事業を開始しており、2014年には、日本初のAPN(AWS Partner Network※1)のマネージドサービスプロバイダーコンピテンシーを取得。APN最上位である「プレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。

690社を超えるAWS導入の経験と、ユーザー様からのサイバー攻撃から企業サイトを守りたいというご要望も多いことから、このたび「WafCharm(ワフチャーム)」の取り扱いを決定いたしました。

市場背景
企業におけるサイバーセキュリティはパソコン本体や社内ネットワークなどの「社内セキュリティ」と、WebサイトやWebサーバなどの「Webセキュリティ」に分類することができます。ここ近年はWebセキュリティ被害が大きな社会問題となっており、情報処理推進機構(IPA)が公表している2018年情報セキュリティ10大脅威においても、"組織"における10大脅威のうち、3件がWebセキュリティに関連する脅威となっています。※2
Webセキュリティ被害が続いている要因としては、Webサイトのセキュリティ対策がSSL化やファイアウォールといった対策のみであるにも関わらず、Webセキュリティを包括的に実施していると誤認しているケースが挙げられ、経営層における誤認の割合は約8割に及ぶといった調査結果もあります。※3
企業のコーポレートサイトやサービスサイトが不正アクセスやWebサイトの改ざんといった被害にあうことで、売上機会の損失、ブランドイメージの棄損、事故対応費用の発生や株価下落といった損害を被る可能性があるため、各企業ではWebアプリケーションの脆弱性を無害化するWAF(Web Application Firewall)の市場規模は2015年から毎年、前年比160%以上の成長率を記録しています。※4

この販売代理店契約を通じて、サーバーワークスはサイバーセキュリティクラウドと協力し、各企業におけるWebセキュリティにおける課題を解決する取り込みを強化してまいります。




WafCharmについて
「WafCharm(ワフチャーム)」はAIによってAWS WAFのルールを最適化させるWAF自動運用サービスです。累計導入サイト数・導入社数国内No.1 ※5 の実績を持つクラウド型WAF「攻撃遮断くん」で培った数千億件のビッグデータをもとに、AIがお客様のシステム構成やアクセス状況によって最適なシグネチャを判別し、自動運用いたします。また、国内トップクラスの開発エンジニアによる24時間365日 ※6 の技術サポートや個別カスタマイズにも対応しており、お客様の要望に合わせた柔軟なサービスをご提供いたします。2018年10月にはWAFにおけるシグネチャ選定処理に関する特許を取得しております。

※本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。
※本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

※1 APN(AWS Partner Network)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。
※2情報処理推進機構(IPA)「情報セキュリティ10大脅威2018」
※3出典:株式会社マーケティングアンドアソシェイツ「セキュリティソフト浸透度調査」
※4出典:情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2017年度版
※5出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2017年8月25日現在)<ESP総研調べ>(2017年8月調査)
※6一部プランのみ対象となります。

用語解説

株式会社サイバーセキュリティクラウドについて
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」この理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、自社で一貫してWebセキュリティサービスの開発・運用・保守・販売を行っています。これまで技術者が必須であったWebセキュリティの領域において、いち早くクラウド化することで「早く、簡単に、より安全」なWebセキュリティ対策を実現、運用負荷の劇的な改善を可能としたことが、高く評価されています。2018年10月には業界の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイトトウシュトーマツリミテッド2018年日本テクノロジーFast 50」において、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率495.72%を記録し、10位を受賞いたしました。これからも、全ての企業様が安心安全に利用できるサービスを開発し、情報革命の推進に貢献するために私たちは挑戦し続けます。
リンク

株式会社サーバーワークスについて
サーバーワークスは、2008年よりAWSに特化したAWS導入支援サービスを提供しているクラウドインテグレーターです。
2019年1月現在、690社、5,500プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAPN(AWS Partner Network(※1))の最上位パートナー「プレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。
また、2016年11月にAPNのマネージドサービスプロバイダー(MSP)3.0プログラム、移行コンピテンシーを獲得し、2018年11月にAWS コンタクトセンターナビゲート、AWS エンドユーザーコンピューティングナビゲートを完了させるなど、AWS事業を継続的に拡大させております。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]