logo

OpenStack海外動向 > 第25回 エッジコンピューティングに関するBerlin Summitの必見セッション

CTC教育サービスはコラム「OpenStack海外動向 > 第25回「エッジコンピューティングに関するBerlin Summitの必見セッション」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回は海外で公開されているOpenStack関係のコラムを意訳します。英語が苦手な方にとっては、日本語で要約版があると助かるのではないかと考え、日本語訳したものをご紹介いたします。 興味がある方はご参考ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。
###
オープンインフラの構築や運営をしている人々と、11月のOpenStack Summit Berlinで交流してみませんか。サミットの予定表には200個以上のセッションがあり、それらは人工知能や機械学習、ハイパフフォーマンスコンピューティング、エッジコンピューティング、ネットワーク機能の仮想化、コンテナインフラ、パブリック/プライベート/マルチクラウド戦略といったユースケースで構成されています。
ここでは、みなさんが見ておきたいと思われる、エッジコンピューティングに関するお勧めセッションの一部をハイライトします。 こちらですべてのお勧めをチェックできます。
ハイプを超えて:Edge Computing Working Groupのアップデート
Edge Computing Working Groupはユースケースの定義(スマートリモートカメラ、ストリーミングコンテンツ、拡張現実、ゲームなど)や、新技術のネットワークの新たなデプロイ方法を打ち出すことに忙しくしてきました。このパネルセッションに参加して、昨年このグループが大規模なOpenStackコミュニティやオープンソースコミュニティと次のような多数のプロジェクトにおいてどのように交流してきたのかを詳しく聞いてみましょう。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]