logo

アドベンチャーワールド×株式会社ミライロ園内のバリアフリー情報を集約した「バリアフリーガイド」を制作しました

アドベンチャーワールド 2019年01月10日 11時03分
From PR TIMES

和歌山県白浜町にあるテーマパーク「アドベンチャーワールド(園長:今津孝二)」と、障がいのある当事者の視点を活かし、ユニバーサルデザインのコンサルティングをおこなう株式会社ミライロ(大阪府大阪市/代表取締役社長:垣内俊哉)は、アドベンチャーワールド内のバリアフリー情報を集約した「バリアフリーガイド」を共同で制作し、2018年11月よりご利用いただいております。



[画像: リンク ]


■「バリアフリーガイド」制作の背景
障がいのある方が外出する際は「情報のバリア」が生じます。肢体不自由の方の場合は施設のバリアフリーの状態や多目的トイレの有無について、発達障がいのある方や精神障がいのある方の場合は施設の環境(音の大小、明るさ、人の多さなど)の情報を必要としています。そこでアドベンチャーワールドでは、「バリアフリーガイド」を制作し、WEBサイトやマップに掲載することで、ゲストが安心して来園を決めることができ、当日も必要なバリアフリー設備をスムーズに見つけられるようにしました。

■「バリアフリーガイド」の特徴
1.制作にあたり、車いすユーザーが調査を行いました。
ミライロに所属する、車いすユーザーが施設内の調査を行い、当事者の目線で課題を抽出しました。その後、アドベンチャーワールドのスタッフとともに、情報の反映手段を検討しました。

2.安心して園内を楽しむための詳細情報を記載しました

・移動時間を記載し、園内の回遊をスムーズに!
車いすやベビーカーユーザーが園内を移動する際にかかるであろう予測時間を掲載しています。園内を回る順番を検討しやすくなりました。

・利用できる設備/お店を事前にチェック!

レストラン情報として、テーブル・椅子の高さ・ベビーチェアの有無を記載しました。また、多目的トイレ情報として、レイアウトや寸法を掲載しました。

・どんな演出があるのかをわかりやすく解説!
アトラクションやライブの情報として、会場の明るさや音響などの演出に関する情報を記載しています。発達障がいのある方や精神障がいのある方など、演出に不安がある方が事前に判断しやすくなりました。

■制作者:ミライロ デザイナー 藤田隆永氏のコメント
「私は車いすユーザーですが、車いすといっても種類はたくさんありますし、障がいの程度や求めているサービスは人によって異なります。制作したバリアフリーガイドには「車いす対応の観覧席があります」と記載するだけでなく、席の広さや、周辺の写真、席からの眺望の写真など、詳細を記載しています。レストランやお手洗いについても、必要な情報を網羅的に掲載することで、来場者が自分にあった設備の有無を判断しやすくなることを目指しました。バリアフリーガイドによって、アドベンチャーワールドの来園に不安がある方やためらっていた方が、安心して訪れることができるようになってほしいと願います。」

詳しくはこちら
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]