logo

最上位落札価格の美術品を2019年初めに売り出し-Artprice(ニューヨーク)

Artprice.com 2019年01月04日 17時23分
From 共同通信PRワイヤー

最上位落札価格の美術品を2019年初めに売り出し-Artprice(ニューヨーク)

AsiaNet 76931 (0016)

【ロンドン2019年1月3日PR Newswire=共同通信JBN】アート愛好家に休息なし! 新しい年は既に始まり、フランスの地方オークションでは見事な貴重品が放出されている。オークションのカレンダーはニューヨークで再開し、クリスティーズ(Christie’s)は2019年を待望のArt Brut(アール・ブリュット)のセールを含む5つのオークションで開始する。しかし、今年最初の大規模セールで2019年1月30日に開催予定のMaster Paintings Evening Saleに向けて、最も高額のロットを集めたのはサザビーズである。

Logo: リンク

Photo: リンク

▽2019年1月のオークション出品予定作品トップ10
(c)Artprice.com

1 : Joachim WTEWAEL (c.1566-c.1638)
Artwork : A Banquet of the Gods
Estimate : $5,000,000 - $7,000,000
Sale : 01.30.2019 - Sotheby's NY

2 : Elisabeth VIGE-LEBRUN (1755-1842)
Artwork : Portrait of Muhammad Dervish Khan (1788) Estimate : $4,000,000 - $6,000,000 Sale : 02.30.2019 - Sotheby's NY

3 : Jan VAN DE CAPPELLE (c.1624-1679)
Artwork : A Shipping Scene on a Calm Sea Estimate : $4,000,000 - $6,000,000 Sale : 03.30.2019 - Sotheby's NY

4 : Ambrosius BOSSCHAERT I (1573-1621)
Artwork : A Still Life of Flowers in a Glass Flask (1607) Estimate : $2,500,000 - $3,500,000 Sale : 04.30.2019 - Sotheby's NY

5 : Peter Paul RUBENS (1577-1640)
Artwork : Nude Study of a Young Man
Estimate : $2,500,000 - $3,500,000
Sale : 05.30.2019 - Sotheby's NY

6 : Orazio GENTILESCHI (1563-1639)
Artwork : The Fall of the Rebel Angels
Estimate : $2,500,000 - $3,500,000
Sale : 06.30.2019 - Sotheby's NY

7 : Pieter BRUEGHEL II (c.1564-1637/38)
Artwork : St. George's Kermis (1627)
Estimate : $2,000,000 - $3,000,000
Sale : 07.30.2019 - Sotheby's NY

8 : Fede GALIZIA (1578-1630)
Artwork : A Glass Compote with Peaches
Estimate : $2,000,000 - $3,000,000
Sale : 08.30.2019 - Sotheby's NY

9 : Jacobus VREL (c.1630-c.1680)
Artwork : Street Scene with Two Figures Walking Away Estimate : $1,500,000 - $2,000,000 Sale : 09.30.2019 - Sotheby's NY

10 : Luis MELENDEZ (1716-1780)
Artwork : Still Life with a Plate of Azaroles Estimate : $1,500,000 - $2,000,000 Sale : 10.30.2019 - Sotheby's NY

しかしながら、最もエキサイティングなロットは必ずしも最も高額のロットとは限らない。Artpriceの創立者で最高経営責任者(CEO)のティエリ・エールマン氏は「中間レンジのアート市場には潤沢な機会があり、新年が始まり次第、売りに出されたものに絶えず注意しておく価値がある」と述べる。

▽ヘンリー・ダーガーの独自の世界
ヘンリー・ダーガー(Henry Darger、1892-1973)(リンク)は、彼の死後に自室から発見された極めて広範に及ぶ作品群を創造した。秘密主義で隠遁者だったダーガーは独自の世界を創り出し、その1つは挿絵付きのタイプ打ちされた1万5000ページの原稿「The Realms of the Unreal(非現実の王国で)」である。これは、架空の惑星上の数人のプレティーンの少女たち(ヴィヴィアン・ガールズ)が自由を獲得するために大人たちに戦争を仕掛けるという、完全に架空の世界での出来事を語ったものだ。この書かれた(しかし未出版の)長編冒険譚と並行して、ダーガーは絵も描いた。彼は大きな物語のパネルを-時には両面を使って-制作し、それらはまぎれもない傑作である。彼のテクニックもまたユニークで、多種多様なソース(子供の絵本、様々な雑誌、ファッションカタログなど)からインスピレーションを得て、その画像を木炭で写してから水彩で着彩した。

2次市場に売り出された最初のダーガー作品は、1989年に実際にフランスでLoudmer’sのオークションにかけられた。当時、この目立たない有名人によるパノラマ画は1万ドルを下回る価格で落札された。現在、彼の絵はMoMA(ニューヨーク近代美術館)、Art Institute of Chicago(シカゴ美術館)、Museum of Modern Art of the City of Paris(パリ市立近代美術館)、ローザンヌのCollection de l'Art Brut(アール・ブリュット・コレクション)を含む主要な美術館のコレクションに収められている。オークション市場では、彼の最も重要な作品の1つに対して少なくとも15万ドルが支払われることが予想される。そうした作品は引き合いがありかつ希少なためだ

1月18日にニューヨークでクリスティーズにより提示される作品は、記念碑的で-幅は約3メートル-両面作品である(両面に描かれている)。これは25万ドルから50万ドルの間での落札が予想される。2日後、今度はサザビーズがヘンリー・ダーガーによるより小さな両面絵画(長さ178センチ)を15万ドルから30万ドルの間の落札予想価格で売り出す。1989年以降、オークション・ルームで目にしたヘンリー・ダーガーによる絵画は19点のみであり、これから行われるこの2つのセールの同時性は注目に値するものだ。

▽ ウテワールによる潤沢な傑作小品
400年以上をさかのぼると、オランダで最も重要な芸術家の1人であり1580-1620年に活動したオランダの画家ヨアヒム・アントニス・ウテワール(Joachim Anthonisz Wtewael)(リンク)による銅板に描かれた見事なバロック絵画「Banquet of the Gods」がある。この傑作は、15.8センチ×20.4センチという枠内に放蕩の限りを尽くす47の人物-神々、ファウヌス、女性、小天使-を描いている。この画家は、比類なき密度で、大宴会でのバッカス、セレス、マルス、ビーナス、キューピッド、パン、彼のミューズたちを描き、小さなサイズにもかかわらず、この作品は1月30日にサザビーズ(ニューヨーク)で500万-700万ドルでの落札が予想されている。
しかしながら、品質の点では、さらに小さなウテワール作品が既に700万ドルの大台を超えていることから、このロットはその高い予想価格に達する可能性は十分にある。その作品も銅板に油彩で描かれたわずか18.2センチ×13.5センチのもので、「Mars and Venus surprised by Vulcan(ウルカヌスに見つかったマルスとビーナス)」という官能的な主題で12体を描いた巨匠のコンポジションだった(Mars and Venus Surprised by Vulcan、2012年クリスティーズ・ロンドンで726万ドルで落札)。

▽ルーベンスの最高の絵画作品の1つ
サザビーズはルーベンス(リンク)による極めて希少な素描を売りに出す予定で、このオランダの巨匠の、紙を支持体とする作品としては2番目に高い落札価格が見込まれる。両腕を上げた若い男性を描いた約50センチの習作で、木炭で描かれ2、3の白いチョークによるハイライトが光を表現している。この作品には、緊張した筋肉質の両脚のポジションに関して画家の心変わりが表れている。前方と上方への下肢のねじれと人体の動きは典型的なバロックの技巧である。250万-350万ドルの予想レンジ内で落札すれば、ルーベンスの素描で2番目に高い(そしてルーベンスの木炭画としては最高の)落札価格となる。2014年7月10日、クリスティーズ・ロンドンで、サムソンとデリラをインクで表現した作品がルーベンスの紙を支持体とする作品としては最高価格の550万ドル超で落札された。
フランスの地方セールと今年最初のニューヨークでのクリスティーズとサザビーズでのセッションのほかに、世界中の他の主要オークションハウスが今後数カ月にどのような素晴らしい作品をオファーするのかはまだ不明である(中国のPoly AuctionとChina Guardian、ドイツのDorotheum、フランスのArtcurial、韓国の Seoul Auction)。実際、オークション主催者の大半は今年のしばらく後になるまで売り出しを開始せず、冬期休暇後の再開を5月まで待つ主催者(Grisebach)もある。

Copyright(c)2019 ティエリ・エールマン- リンク

▽Artpriceについて
ティエリ・エールマン氏(認定Who's who(c) biography、リンク を参照)により創設された。

Artpriceはユーロネクスト・パリ、SRD long onlyおよびEuroclear:7478-ブルームバーグ(Bloomberg):PRC-ロイター(Reuters):ARTFを通してEurolistに上場している。

Artpriceの動画:リンク

Artpriceは美術品価格と美術品索引データバンクのグローバルリーダーで、3000万件以上の索引と70万人を超えるアーティストを対象にした競売データを所有している。Artprice Images(R)を利用すれば、世界最大の美術品市場リソースに無制限にアクセスすることが可能になり、このライブラリーには1700年から現在までの美術品の映像、印刷物1億2600万点が含まれ、それぞれにArtpriceの美術史家による注釈が付いている。

Artpriceは、6300人の競売人が寄せる情報でデータバンクを恒常的に更新し、美術品市場の傾向に関する情報を世界の主要通信社および約7200の国際的報道機関に提供している。Artpriceの会員450万人は美術品売買のため、世界をリードするStandardised Marketplaceに対するアクセス権を与えられている。Artpriceは美術品市場用のブロックチェーンを準備している。それは2018年3月に出版されたBPIラベル(科学国家フランス語ラベル)Artpriceの2017年世界美術品市場報告である:リンク

Artpriceは、中国美術市場のリーダーであり当社の堅固な機関パートナーであるArtron Groupと提携している。

▽Artron Groupについて

「Artron Art Group(Artron)は1993年にワン・ジエ氏によって創設された包括的な文化産業グループで、美術価値の継承、強化、普及にコミットしている。Artronは豊富な美術品データに基づき、統合ITアプリ、先進デジタル科学、革新的な技能と素材によって美術品業界とファンに専門的なサービスと高品質製品の体験を提供している。6万冊を超す書籍とオークションカタログを生産したArtronは世界最大の美術書籍印刷企業で、年間3億冊を印刷する。美術品部門のプロ会員300万人以上を擁し、1日あたりの平均ビジターは1500万人と世界をリードする美術品ウェブサイトである」

Artronのウェブサイト:リンクリンク


ArtpriceのContemporary Art Market Annual Report for 2017は以下のサイトから無料で入手可能:リンク

Artpriceのプレスリリース:
リンク
リンク

リンク

アート市場ニュース:
リンク
リンク

リンク 340万人がフォロー

リンク
リンク

有名な現代美術館であるAbode of Chaosに本部を置くArtprice (リンクリンク ))の錬金術と世界を発見しよう:

リンクリンク

リンク

現代美術館The Abode of Chaos
リンク
340万人がフォロー

▽問い合わせ先
thierry Ehrmann
ir@artprice.com

ソース:Artprice.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]