logo

珠海国際会議・展示センターは「広東・香港・マカオ大湾岸圏の最高級展示複合施設」として発展を加速

Zhuhai Huafa Modern Service Klc Holdings Ltd 2019年01月04日 14時11分
From 共同通信PRワイヤー

珠海国際会議・展示センターは「広東・香港・マカオ大湾岸圏の最高級展示複合施設」として発展を加速

AsiaNet 76921 (0008)

【北京2019年1月2日PR Newswire=共同通信JBN】12月7-8日に北京で開催されたCMIC conference award授賞式で、Zhuhai Huafa Modern Service Klc Holdings Ltd.の子会社である珠海国際会議・展示センター(Zhuhai International Convention and Exhibition Center)に「2018 China's Most Competitive Convention and Exhibition Center(2018 中国で最も競争力のあるコンベンション・展示センター)」の栄誉が授与された。CMICは、北京市観光発展委員会とChina Convention Exhibition Event Societyが後援している。

Photo - リンク
写真説明:珠海国際会議・展示センターの夜景

珠海国際会議・展示センターは強力な業界プレーヤーとして浮上してきた。過去4年間の運営で、Gold Five Star Award for Excellent Exhibition Venues、China's Best Conference Hotel(Center)、China's Top Ten Exhibition Centers for the Exhibition industry、The Most Influential Exhibition Complexなど、数々の栄誉を獲得してきた。珠海国際会議・展示センターは、こうした実績を踏まえ、中国南部で最も競争力のある展示複合施設となった。

3万平メートルの展示場、4500平方メートルの宴会場、柔軟な組み合わせができる、高度な設備を備えた45の会議室、1万人に対応できる最高級ケータリングサービス、質の高い展示サービス、美しい沿岸体験を完備した珠海国際会議・展示センターは近年、目覚ましいクオリティーの向上を見せてきた。2014年のオープンから現在までに、同センターでは110以上の展示会や活動、2600を超えるレセプション活動が開催され、そのうち参加者が1000人以上の会議が全体の40%を占める。ケータリングレセプションは1800、出展者、来場者は計300万人に上る。

港珠澳大橋の正式開通と広東・香港・マカオ大湾岸圏の建設により、同センターが急速な発展期の先導役となるのは確実だ。中国で「広東・香港・マカオ大湾岸圏の最高級展示複合施設」の名声獲得を目指す珠海国際会議・展示センターのこれからの数年は、興味深く、実り多いものになるだろう。

ソース:Zhuhai Huafa Modern Service Klc Holdings Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]