logo

中国の国宝級伝統楽器演奏者による『滄海一声笑』 ネットで絶賛の嵐

MOMO 2018年12月20日 16時21分
From 共同通信PRワイヤー

中国の国宝級伝統楽器演奏者による『滄海一声笑』 ネットで絶賛の嵐

AsiaNet 76838

【東京(日本)2018年12月20日PR Newswire】最近、YouTubeユーザーのZeSSIVによってアップロードされた『滄海一声笑』というタイトルの中国の民族音楽演奏のビデオクリップが大きな注目を集めている。「中国の伝統的な民族音楽は非常に魅力的だ」「これは国民的アーティストによる演奏と呼べる」「音楽に国境はない!私にはそれが分かった」-は、視聴者によって書き加えられたコメントの一部にすぎない。有名な武侠小説家の金庸氏のファンには、このような見事に実行されたバージョンの歌を持つことは、現実の喜びとなっている。別のインターネットユーザーは「中国の人々は中国の伝統的な文化を守り、伝えるために懸命に働いており、これは感動的である」と記した。この人気のあるビデオクリップは、もともとは中国のソーシャルメディア・アプリのMOMOが秋に開催したライブ音楽イベントに由来している。このイベントは、生中継を担当するChina Association of Performing Arts(中国演出行業協会)内のグループとBeijing Network Culture Associationが運営し、MOMOが主催した。

『滄海一声笑』は、金庸氏の中国武侠小説を基にした映画The Swordsman(スウォーズマン)のテーマソングの1つである。小説のThe Swordsmanは、1990年代に香港の有力監督、徐克(ツイ・ハーク)氏によって映画化され、金庸氏のファンからは乗り越えられない最高傑作となっている。このテーマソングは、ファンの間で神秘的雰囲気を持つようになっている。同ビデオでは、この古典的音楽作品の英雄的感情と対比される自然で自由かつおおらかな性質を解き明かすため、ミュージシャンが5つの中国の伝統的な楽器である二胡、笛、琵琶、阮(撥弦楽器)、鼓を演奏している。その結果は美しいものであり、ある時には動的、荘重、優美、優雅に聞こえる。

視聴者はそのクリップを見れば見るほど、演奏者のアイデンティティーを知って驚かされており、それぞれの演奏者は中国の一流オーケストラの民族音楽家である。これらの演奏者の一部は、最初は気づかれないが、有名大学の音楽教授であり、一方で、その他の演奏者は有名な師匠から芸術形式を学んでいる。日本で非常に人気のある中国の全員女性の音楽グループ、女子十二楽坊(12 Girls Band)の数人のメンバーは、MOMOのライブ・ストリーミング・プラットフォームの司会者である。彼女らは最近、再び日本に戻って演奏し、喝采を受けた。


ネットワーク放送の人気の高まりにより、ますます多くの有能なクリエーターとその芸術作品がインターネットを通じて世界中の視聴者に注目され、楽しまれている。文化と芸術に国境はなく、日本と中国のファンは芸術の美しさと芸術のクリエーターに対して同じ評価を共有している。

ソース:MOMO

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]