logo

CES2019 フレンチテックパビリオンに160社のスタートアップが出展

ヘルスケア、スマートホーム、モビリティ、音声アシスタントなど先端技術がCES EurekaPark に登場

2019年1月8 日(火)~11 日(金)、米ラスベガスで開催されるCES 2019 にて、フランス貿易投資庁ービジネスフランスは、今年もフレンチテックパビリオンを主催します。ヘルスケア、スマートホーム、モビリティ、音声アシスタントなど、よりイノベーティブになった分野が、CES エウレカ パーク に登場します。温度センサーを備えたスマート・ワインエアレーターから女性の被害対策アプリ、介護を視野に入れたAI搭載スマートシューズや、2輪車向けモビリティソリューション、仮想通貨など、幅広い分野のスタートアップが出展します。

「ヘルスケア、スマートホーム、モビリティ、音声アシスタント」など、より一層イノベーティブになった分野が、CES エウレカ パーク のフレンチテックパビリオンに登場します。

2019年1月8 日(火)~11 日(金)、米ラスベガスで開催されるCES (International Consumer Electronics Show) は、来場者17 万人、出展企業3900社が一堂に会する国際家電の見本市です。フランス貿易投資庁-ビジネスフランスは今年も仏Orange社、BNPパリバ、フランス産業財産庁(INPI)、OVH社、 All Circuits社、STマイクロエレクトロニクス社、Arrows社、France Brevets(仏特許ファンド)の協賛のもと、フレンチテックパビリオンを主催します。2019年の新しいトピックとして、フランスの9つの地域圏(ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ/ブルターニュ/サントル=ヴァル・ド・ロワール/オー=ド=フランス/イル=ド=フランス/ノルマンディー/ヌーヴェル=アキテーヌ/オクシタニー/プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール)からの総勢120社のスタートアップ出展があげられます。全社一丸となってエウレカ パークで存在感を発揮することで、フランスの強みをアピールします。また、フランス国内から選抜された40社のスタートアップも出展します。フレンチテックはCES出展団体として欧州第1位、世界レベルでもトップクラスの規模を誇ります。

2019年、初の試みとして、ビジネスフランスが承認した専門家による審査員が選出した、26社のスタートアップがエウレカ パークのフレンチテックパビリオンで最先端のイノベーションを展示します。いずれもCES出展を生かせる能力、ビジネスを成功させるポテンシャルがあるという点で選ばれたスタートアップです。ビジネスフランスはまた「Family&Friends」と呼ばれる、新進気鋭のスタートアップ 約10社の出展もサポートしており、こうした若い企業がCESでアピールするチャンスを提供しています。

スタートアップは、CESへ参加することで、名をあげ、正当性を証明し、飛躍的な成功につなげることができます。ラスベガスで展示されるプロトタイプは、その経験をいかして年内に商品化される流れにあります。『IOTや家電向けテクノロジーについていえば、CESは、その年のテクノロジートレンドをつくるという点において、メディア、潜在的顧客、投資家にアピールできる、非常に貴重な機会です。とはいえCESへの参加はひとつのステップにすぎず、商品化という段階を経て、その恩恵をはじめて享受できるのです。ビジネスフランスは、企業向けプログラムや特定のターゲットに向けたミッション(ニューヨークのMoMAデザインなど)を通して、スタートアップの成長、販売促進、代理店やパートナー探しを戦略的にサポートしています。』(フランス貿易投資庁-ビジネスフランス、テック&サービス部門責任者 エリック・モラン)

フランス貿易投資庁-ビジネスフランスはまた、昨年に引き続き、セントラルプラザにて、自動車向けテクノロジーに関するフランスパビリオンも主催します。こちらはコネクテッドカーや完全自動運転車のエコシステムを専門に展示するスペースです。現地では、10社のスタートアップが、ビジネスフランスの合同商談会に参加し、顧客や業界向けメディアと会合します。

◆◆◆フレンチテックパビリオンに出展する注目のスタートアップ26社◆◆◆
● ADOK
場所を問わず、表面をタッチスクリーンとソフトウェアに変換するプロジェクター「インテリジェント・ミーティング・アシスタント」を展示。会議の準備や開催、レポートを簡素化し生産性向上に貢献。
リンク

● APP-ELLES
女性の暴力被害対策アプリ。暴力の危機に直面した際、App-Elles®はシンプルで直感的なインターフェースで警報や通報、捜索など最適化された機能を使える。
リンク 

● ARCHOS
人工知能(AI)やブロックチェーンを消費者向けに応用。ARCHOS Helloはプライバシーを最大限に守りつつ画像と音声をつなぐホームアシスタント、ARCHOS Safe-Tは仮想通貨のハードウェアウォレット。
リンク

● ARTIRIS
高級パフュームと高度な特許技術をひとつにした、フランスらしいリュクスな最新ディフューザー。ワイヤレスで100%オーダーメイド可能で、簡単にルームフレグランスをカスタマイズ。天然エッセンシャルオイルのカプセルは最大5つまで選択可、リアルタイムで好みの配合に調整し上質の香りを楽しめる。
リンク

● AVEINE
温度センサーを備えたスマート・ワインエアレーターを開発。専用アプリでスキャンしたラベルの内容を読み取り、必要な空気が一瞬にしてワインに送り込まれるという仕組み。ワインに応じた最適なデキャンタージュを実現。リンク

● BLENDBOW B+B
Mixologik社の世界初、レストラン・飲食業界向けカクテルマシーン。わずか1分足らずで、モヒートやカイピリーニャなどあらゆるタイプのカクテルをつくることが可能。リンク

● CARFIT
人工知能を搭載したテクノロジーで車両の振動をリアルタイムで解析、センサーがあまり使われない駆動装置の消耗部品(ブレーキ、タイヤ、ホイール、ダンパー等)についてメンテナンスのタイミングを予測。リンク

● CHRONOLIFE
スマートTシャツと連動アプリによる、心不全患者向け遠隔見守りシステム。緊急時、患者や医師にアラートを発信。リンク

● CUBE YOUR LIFE
場所を選ばずにゲームを楽しめるスマートサイコロ「le Cube」と連携スマホアプリを開発。リンク

● E-VONE: 世界初AI搭載スマートシューズ。転倒を瞬時に察知、家族や友人に即アラートを発信。高齢者の移動の自由やモビリティを尊重。リンク

● EYE LIGHTS: ARによるモビリティソリューションを提供。ヘルメットに装着する機器により、視界に速度や走行距離などドライビングデータを表示。リンク

● FORWARD LABS
すぐれた音質と新ユーザーインターフェースを搭載した画期的なワイヤレス・スピーカー。お気に入りへのアクセスや新しいコンテンツの検索が簡単に。スマホなしで日常的に音楽を聴ける。リンク

● HAVR
ライトを使ったドアロックシステムを初開発。スマホアプリと連動するウェブ上のプラットフォームにより、自宅のデジタルキーをスマホで共有したり、設定、管理することが可能。リンク

● HELITE
事故や転倒からバイカー/サイクリストを守る、100%自動の世界初スマート・エアバッグ「B’Safe」を提案。街中を走るサイクリストの生命を守り、日常的な移動やセキュリティを改善するベスト型エアバッグ。リンク

● HITECH-ONE
モジュラー型loTプラットフォームModulum により、専門知識がなくても、IoTデバイスやサービスを開発できる。誰もがアイデアひとつでがイノベーションを起こし、起業の世界へ飛び込めるように。同社の相互リンクモジュールには、ブロックチェーン技術を利用できるものも。リンク

● JUST MINING
ブロックチェーンと仮想通貨を専門とし、これらの普及を目指すスタートアップ。Warmer Bobは、仮想通貨のマイニングとエネルギー効率を結びつけるユーザー向けインテリジェントソリューション。リンク

● MEERSENS
大気汚染や汚水、紫外線、電磁波、殺虫剤、アレルゲンなど、健康に害を及ぼす環境要因を瞬時に測定できる世界初のIoTデバイスと連動アプリを開発。カスタマイズ可能で、ユーザーの健康を管理するライフガードとして活躍。リンク

● MOONA
医学研究に基づき、体温を調節、ユーザー好みにカスタマイズし、睡眠の質を向上させるスマートシステム。睡眠障害に悩む人をサポート。リンク

● NANOMADE
特許技術で、表面形状(剛体面、曲面、柔軟面)や素材にかかわらず、接触や圧力に反応させることが可能に。スマートフォン、自動車、スマートビルディング向けのタッチ・インターフェースに応用できるセンサー・モジュールを提案。リンク

● 0W1audio
音楽ファンの厳しいリクエストに応えるスマート・オーディオ・システム。すぐれた音質をベースに新しいユーザーエクスペリエンスを生成。リンク

● REMINIZ
世界初、リアルタイム動画認識システム。すでに多くの動画プラットフォームで採用され、コンテンツ検索と収益向上に貢献。広告主は動画インベントリの適切性の検証に使用。リンク

● R-PUR
フランス製、大気汚染対策ワイヤレス・ヘルメットR-PURを開発。バイカー、サイクリスト向けの設計で、被り心地やスタイルを損なうことなく、大気中の有害粒子を濾過、きれいな空気を吸える仕組み。リンク

● SNIPS
はコネクテッドデバイスに搭載可能な音声プラットフォームを開発。あらゆるデバイスに組み込める、直感的な使用できるスマート音声アシスタント。リンク

● VELCO
スマートでカスタマイズされた都市移動のためのコネクテッドデバイス。Wink Barは、世界発スマート自動車ハンドル(CES2018スマートシティアワード受賞)、Tom-Eは多くの移動手段に適用できるユニバーサル・ナビゲーションシステム。リンク

● VIVOKA
音声認識とAI を専門とするスタートアップ。音声を介した人間とデバイスのインタラクション(相互作用、やりとり)を開発。業種を問わず、企業とユーザーの新しい対話を創出。企業背景や環境を考慮し、あらゆるサポートに適応。リンク

● WISHARINGS
小型のホームヘルスケアデバイスLussya Oneは直感的に使え、状況を予知して作動。美容ケアや、オーガニックカプセルによるアロマテラピーも可能。連動アプリにより、ヘルスケアなど様々な使い方を提案。リンク


◆◆◆◆◆◆◆
本プレスリリースのお問合せ先
フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス 広報担当 松木 presse.jp@businessfrance.fr 03-5798-6079


CESフレンチテックパビリオン担当者 (現地 英語対応) :
Business France
Maxime Sabahec (マクシム・サバエック) – maxime.sabahec@businessfrance.fr TEL +33 (0)1 40 73 31 39/ +33 (0) 6 68 67 22 35

このプレスリリースの付帯情報

CES2018フレンチテックパビリオン© Eve Gesbert

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
https://bit.ly/2zFEb1i
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]