logo

技術者のためのほにゃららら > 第33回 他言語経験者がRailsで仕事するにあたっての雑感

CTC教育サービスはコラム「技術者のためのほにゃららら > 第33回 他言語経験者がRailsで仕事するにあたっての雑感」を公開しました。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。プログラマーが将来にわたっても食べていくには、複数の言語をマスターしたほうがいいですよね。

Web系のエンジニアでしたら、全てのWebサイトの8割強に導入されているPHPは外せないと思うのですが、もう一つ欲しいということになった時に候補に挙がるのがRuby on RailsやJava Scriptではないでしょうか?私はRuby on Railsの試験を主宰しているので、今回は他言語からRuby on Railsに転向した場合の生の声を列記します。これからRailsを学びたいと思われている方に何らかの参考になればうれしいです。以下はすべて個人の意見ですので、あくまでもそのつもりでご覧ください。

「私は.NET界隈からRails来ましたが、.NETの概念のうち90%はRailsでも適用されると思っています。唯一の注意点は、コマンドラインに精通する必要があることです。この点は、ドロップダウンメニューを使ってあらゆる開発を行ってきたWindowsスタイルの開発者にとって、苦難となりうるようです。まずは小さなアプリをRailsに収めてみて、その過程ですべての概念を理解していくとよいと思います。」

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]