logo

エプソン、機械学習プラットフォームDataRobotにより予測精度を50%以上向上


新日鉄住金ソリューションズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:謝敷宗敬、以下、新日鉄住金ソリューションズ)は、セイコーエプソン株式会社(長野県諏訪市、代表取締役社長:碓井 稔、以下、エプソン)に、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入しました。製造管理などにおけるデータ分析の予測精度向上と予測モデルの作成期間短縮により、データ分析の生産性向上を実現しています。エプソンはDataRobot導入の結果、ビジネス部門からのデータ分析ニーズに対し、迅速かつ幅広いテーマで対応可能になりました。

エプソンのIT推進本部は、社内のさまざまな課題解決に向けて、日々、機械学習をはじめとするデータ分析技術を活用しています。簡単な操作で1,000以上の予測モデルの中から最適な予測モデルを自動的に作成するDataRobotの高い生産性と予測精度に着目し、DataRobotのPOC(Proof of Concept, 概念検証)を製造管理やマーケティング等の複数テーマで実施しました。既存モデルと比較し、予測精度を50%以上向上し、また予測モデル作成までの期間を数か月から1週間に短縮することができ、2017年7月よりDataRobotを正式に導入しました。社内バリューチェーンやお客様のエプソン製品活用に関わる情報など、導入以前と比較して幅広いテーマに取り組むことができ、ビジネス課題の解決にこれまで以上に貢献することが可能になりました。

新日鉄住金ソリューションズは、データ分析のスペシャリストとして、DataRobotの環境構築・保守・運用に留まらず、組織的な活用に向けたデータサイエンティスト育成方法やデータ分析チームビルディングなども支援しました。本事例を始めとする導入前・導入後の支援実績が高く評価され、今年度新設されたDataRobot社のアワード「Partner of the Year 2017 年間MVP賞」「Partner of the Year 2017 Support Award」も受賞しました。

新日鉄住金ソリューションズは、今後もDataRobot国内導入実績No.1のソリューションパートナーとして、お客様のデータ活用の高度化を全面的にサポートし、お客様の業務効率化や価値創造に貢献します。


<ご参考資料>
■DataRobot(データロボット)について
・DataRobotは、機械学習におけるモデル作成とモデルの実環境への配備を自動化します。
・計算機科学に関する高度なスキルを持たない人でも、ニーズに合った高精度なモデルが簡単に利用できるようになるため、データサイエンティスト不足という課題の解決に大きく貢献します。
・さらに、DataRobotは、自動作成したモデルをワンクリックで配備し、シームレスに運用できるプラットフォームであるため、機械学習を活用するまでのリードタイムを大幅に短縮します。その結果、データサイエンティストが、業務課題の発見・定義、施策立案・検証等、ビジネス上より本質的なタスクに集中できるようになります。

■データ分析・機械学習の活用プロセス、必要なスキルおよびお客様への提供価値
機械学習を活用するプロセスは一般に、問題の定義、学習データの定義・収集、モデルの作成、モデルの実運用からなります。それぞれのプロセスにおいては、業務知識、IT、計算機科学等の異なるスキルが求められます。
DataRobotは、下図に示すように、モデル作成とモデルの実環境への配備を自動化します。DataRobotのモデル作成では、トップクラスのデータサイエンティストのノウハウが詰まったアルゴリズムや前処理、パラメーターチューニング手法を用いて、百以上のモデルを同時並行で作成・評価します。DataRobot上で作成したモデルは、ワンクリックで運用環境へ配備できるので、モデルの実運用のために新たなコーディングや環境構築が必要ありません。モデル再作成もワンクリックで実行できるため、試行錯誤の時間や労力を大幅に削減します。DataRobotを導入することで、データサイエンティストがいなくとも機械学習が活用できるようになり、データサイエンティストがすでに存在する場合にも、データサイエンティストの生産性を大きく向上させ、ビジネス上の課題解決に集中できるようになる効果があります。
リンク



新日鉄住金ソリューションズは、DataRobot社と協力して、DataRobotを効果的に活用するための導入サービスを提供するとともに、DataRobot導入後の業務改革も強力に支援していきます。


■ 新日鉄住金ソリューションズのデータ分析への取組み実績
2015年に開催されたデータ分析コンペティション世界大会であるKDD Cupにおいて、新日鉄住金ソリューションズおよび100%子会社の株式会社金融エンジニアリング・グループ(FEG)連合チームが世界第二位となりました。
リンク

「DataRobot Partner of the Year2017」受賞 [2018年7月12日発表]
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]