logo

<決済サービス> 全車輌にタブレット端末搭載 QRコードを読み込むだけで簡単にキャッシュレス決済 「JapanTaxi Wallet」2018年10月1日(月)よりサービス開始

帝都自動車交通株式会社 2018年10月01日 11時00分
From DreamNews

帝都自動車交通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:篠﨑敦)はJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川鍋一朗 以下JapanTaxi)が運営する決済端末「JapanTaxi Wallet」タブレットを、グループ会社を含む都内タクシー1,057台に搭載し2018年10月1日(月)よりサービス開始します。

■「JapanTaxi Wallet」について
「JapanTaxi Wallet」は、JapanTaxi株式会社が提供しているタクシー配車アプリ「JapanTaxi」の新機能として2017年3月にサービスを開始しました。
この機能は、タクシー車輌の助手席後部に搭載されているタブレットのQRコードを携帯画面に読み取ることにより、乗車料金の支払い手続きを完了することができます。降車時の支払い手続きが不要になる他、ネット決済サービスを通じてキャッシュレスでスピーディな降車が可能となります。

■当社の決済サービスの拡大
このたびの「JapanTaxi Wallet」サービス開始は、昨年12月に当社がJapanTaxi株式会社に出資したことにより、母体となる配車アプリ「JapanTaxi」を開始したことに起因します。
「JapanTaxi Wallet」の決済手段は、各種クレジットカード(Visa/Master Card/JCB/American Express/DinersClub INTERNATIONAL)、Google Pay、Yahoo!ウォレットの支払いが可能です。また「Origami Pay(オリガミ)」、インバウンド対策として中国2大スマホ決済「支付宝(アリペイ)」と「WeChatPay(ウィーチャットペイ)」の使用も可能です。

今後も帝都自動車交通グループは、ご利用いただくお客様にタクシーの利便性を広げるべく、様々なサービス向上に向け邁進してまいります。

■対応決済方法
「JapanTaxi」アプリにて事前にクレジットカードの登録をします。「JapanTaxi」アプリからタクシーを配車する際にネット決済を選択すると、目的地到着時にキャッシュレス降車が可能となります。
・名称    :「JapanTaxi」アプリネット決済
・対応決済 :Visa/Master Card/JCB/American Express/DinersClub INTERNATIONAL/
Google Pay/Yahoo!ウォレット
※デビットカードは登録できません
※当社では現在Apple Payはネット決済対応していません

■道や乗り場からの乗車でもキャッシュレス降車が可能
道や乗り場からのご乗車の際でも、後部座席でのタブレット操作により、目的地到着時のキャッシュレス降車が可能です。
・名称   :広告タブレット
・機能   :広告コンテンツ TokyoPrimeの放映、決済
・対応言語 :日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)
・対応決済 :決済アプリ(JapanTaxi Wallet/Origami/Alipay/WeChatPay)

■会社概要
名称: 帝都自動車交通株式会社
代表者: 代表取締役社長 篠﨑敦
本社所在地: 東京都中央区日本橋1-21-5
ホームぺージ: リンク
設立:     1938年4月1日
資本金:    500,000,000円
従業員数:   1,800名
主要事業: ハイヤー・タクシーによる一般乗用旅客自動車運送事業 ほか

■JapanTaxi株式会社
名称:     JapanTaxi株式会社
代表者: 代表取締役社長 川鍋 一朗
本社所在地: 東京都千代田区紀尾井町3-12紀尾井町ビル1F
ホームぺージ: リンク
設立:     1977年8月
資本金:    12,910,000,000円
主要事業: 情報処理サービス業



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]