logo

マルハニチロが工場のデータ統合管理基盤をキヤノンITSと構築

~キヤノンITSとB-EN-Gは食品製造業向け基幹業務ソリューションの事業を強化~

マルハニチロ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:伊藤滋、以下マルハニチロ)は、このほど安全で安心な製品を提供するためのデータ統合管理基盤「新生産管理システム」を、キヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:足立正親、以下キヤノンITS)と構築しました。これに伴い、キヤノンITSと東洋ビジネスエンジニア リング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大澤正典、以下B-EN-G)は食品製造業における工場改革を支援するシステム構築を推進していきます。



[画像1: リンク ]

マルハニチロは「世界においしいしあわせを」をグループスローガンとして掲げ、本物・安心・健康な「食」を提供する企業として、多彩な食品事業をグローバルに展開しています。2018年から今後4年間で取り組む中期経営計画「Innovation toward 2021」では、企業価値の向上と持続的成長をテーマに長期経営ビジョンの実現に向けた3つの経営戦略として「収益力の更なる向上」「成長への取り組み」「経営基盤の強化」を発表しています。経営基盤の強化では成長投資を積極的に行い工場へのAI、IoTの導入による生産効率の向上や省人化を目指しています。その一環で2015年度よりシステム開発を開始し、2017年に直営全工場のデータを一元管理したデータ統合管理基盤である新生産管理システムを構築しました。今後はこの新しい仕組みをグループ全体に展開しグループ統合基盤に拡張する予定です。

新生産管理システムでは、生産、原価、品質管理の仕組みとしてmcframeを中核に据えています。工場全体を統制するために、製造・購買・品質の網羅的な指図出し機能や予算編成機能などを備えており、指図作成の補助機能として生産スケジューラ「Asprova」を採用しました。またミスを未然に防止し品質管理を強化する仕組みには「QITEC」を導入しました。設備の保全に関しては、計画、実行、管理の機能すべてを「AMISYS」で構築しています。今回導入した新生産管理システムにより業務のデジタル化が進み、予算編成や損益管理の一元的な確認が容易になりました。また、データ統合管理基盤に蓄積するビッグデータを活用することで、将来を見据えた事業運営が可能になりました。工場では指図通りでないとしかるべき作業が出来ないというミス防止の仕組みを取り入れたことで、作業手順・検査基準の電子化によって伝達の正確性を図り、品質向上につながるとともに業務の見える化・効率化・標準化を実現しました。

キヤノンITSは、2015年から最適な業務システムパッケージを組合わせるベスト・オブ・ブリード型システムとして、製造業向けに基幹業務トータルソリューション「AvantStage(アバントステージ)」を展開しています。今回のシステム導入では「AvantStage」から「mcframe」と「Asprova」を導入しました。今後も今回のシステム構築・導入ノウハウを生かして、食品製造業が目指す安全で安心な製造現場の実現を推進していきます。具体的には製造業務モデルの見直し、業務のデジタル化、工場のスマートファクトリーによるデータ活用し、見える化・自動化・効率化を実現し、AvantStage事業をより一層強化します。
また、本年3月に「AvantStage」の中核をなす「mcframe」の開発元であるB-EN-Gに資本参画しました。これによりAvantStage事業を推進するための製品検討、人材育成、営業マーケティングを検討・実施するためのバーチャル組織を設置し、B-EN-Gとの戦略的アライアンス活動を実施し、基幹業務トータルソリューション「AvantStage」において2021年までに売上高50億円を目指します。

■AvantStageの概要
基幹システムをベスト・オブ・ブリードで導入するAvantStage
[画像2: リンク ]


・ AvantStageホームページ:リンク
・ mcframeホームぺージ:リンク

■製造業様向け事例紹介セッション
マルハニチロ株式会社様の事例をB-EN-G主催のイベント「BE:YOND 2018」の中でご紹介します。
※キヤノンITSはプラチナスポンサーとして出展致します。
<開催概要>
セッションタイトル:デジタル新時代の工場業務改革 ~安全・安心な食の継続的提供への追求~
日 時:2018年10月25日(木)14:20~15:00(受付開始12:30)
場 所:ANAインターコンチネンタルホテル東京
詳細ページ:リンク

<マルハニチロ株式会社の概要>
会社名称:マルハニチロ株式会社(Maruha Nichiro Corporation)
設立:1943年3月
本社所在地:東京都江東区3-2-20豊洲フロント
事業内容:漁業、養殖、水産物の輸出入・加工・販売、冷凍食品・レトルト食品・缶詰・練り製品・化成品・飲料の製造・加工・販売、食肉・飼料原料の輸入、食肉製造・加工・販売
代表者:代表取締役社長 伊藤 滋
URL:リンク

● 報道関係者のお問い合わせ先:
 キヤノンITソリューションズ株式会社
 企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課 03-6701-3603

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
 業務管理本部 広報 猪野 肇 03-3510-1615

● 一般の方のお問い合わせ先:
 キヤノンITソリューションズ株式会社
 SIサービス事業部 ソリューション推進本部 ソリューション企画部 03-5730-7929

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
 プロダクト事業本部 03-3510-1616



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]