logo

VMware 海外動向 > 第34回 vSphereアップグレード連載 パート2:vCenter Serverのアップグレード

CTC教育サービスはコラム「VMware 海外動向 > 第34回 vSphereアップグレード連載 パート2:vCenter Serverのアップグレード」を公開しました。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回も英語が苦手な方向けに海外の人気コラムを意訳したものをご紹介します。
VMwareの研修を検討されている方は、『VMware Education Partner of the Year 2017』を2年連続で受賞しているCTC教育サービスにどうぞ!

※VMware研修コース リンク

###
vSphereアップグレードの連載のパート1ではアップグレードの準備をし、前提条件と互換性を確認し、それからvSphere Update Manager (VUM) サーバーを準備してアップグレード中にデータをVCSA 6.7に移行しました。パート2ではvCenter Serverを6.7にアップグレードします。それでは始めましょう。

vCenter Serverのアップグレード

すでにVUMがMigration Assistant(移行アシスタント)の事前チェックをパスしているので、vCenter Serverのアップグレードに進むことができます。ここでは、アップグレードする前にvCenter Serverをバックアップしていることを前提としています。
まず、アップグレードするvCenter Serverへのルーティング可能なネットワーク上にある、AdminワークステーションにVCSAインストールISOをマウントします。ISOをブラウズして、"vcsa-ui-installer"フォルダを開き、お使いのOSに対応するフォルダを開きます。私はWindowsでこれを実行しているので、"win32"フォルダを開きます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]