logo

コウェルの【AR技術】イオンモール・ベトナムのイベントに採用~ ファミリー向けサファリ体験イベントで集客に期待 ~

グローバルITソリューション企業である株式会社コウェル(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣瀬倫理、以下当社)の子会社、有限会社コウェル アジア(本社:ベトナム・ハノイ市、社長:グエン・カウ・クオン)が開発したAR (拡張現実:Augmented Reality)の技術を応用したイベント用ARシステム「AR Broadcast Safari」が、ベトナムのイオンモール内で開催されたイベントにて採用されたことを発表します。
同時に、2018年10月~2019年3月の期間限定で日本市場イベント向け“AR Broadcast”を特別価格で提供するキャンペーンを実施します。

■AR Broadcast Safariとは

AR Broadcast Safariは、大型のLEDスクリーン(4m×2m)に投影された現実の風景の上に、AR技術を用いて3Dの動物や恐竜を映し出すことで、リアルとバーチャルが融合した空間を作り出し、参加者がアフリカの奥地で動き回る動物と遊ぶ疑似体験ができます。幼児から大人まで楽しむことができるファミリー向けのイベント用ARシステムです。

今回、大型ショッピングモールをベトナムで現在4店舗展開しているイオンモール・ベトナムにおいて、期間限定の集客イベントを行うにあたり、当社のAR技術が採用されました。イベントは2018年5月から7月にかけて開催され、特に週末は多くの親子連れにAR体験にご参加いただき、ご好評をいただきました。



■AR Broadcast Safari開発背景

概要:コウェルグループでは、ソフトウェアアウトソーシング、テストサービス、クラウドインテグレーション、IoT開発、xR (AR/VR/MR)開発サービスを提供しています。AR分野では、従来より子供向けの知育アプリケーション『Broadcast AR』 として管理システムから複数の動物コンテンツを登録し、利用者(子供)が大型スクリーンやスマートフォンアプリから様々な動物をインタラクティブに体験できるツールとして開発を行っていました。今回のイベント用に大型動物を追加する等のカスタマイズを行いシステム提供するという運びとなりました。

利用技術:Unity3D、AR Toolkit、C#、3DS Max

PR Video:リンク

関連サイト:リンク



■イベント概要

《イオンモール・ベトナム》

現在ベトナム国内で大規模商業施設をホーチミンに3店舗、ハノイに1店舗を展開。2019年には5店舗目をハノイに計画予定。



《開催店舗とイベント期間》

・イオンモール ビンタン (ホーチミン) 【開催期間:2018年5月19日~2018年7月15日】

リンク

・イオンモール ロンビエン (ハノイ) 【開催期間:2018年5月26日~2018年7月22日】

リンク


■日本市場向けキャンペーン 『今なら特別価格でAR Broadcastが50万円〜』

日本国内においてAR Broadcast を活用されるお客様へ期間限定キャンペーンを行います。

〜こんなお悩みをお持ちの方におすすめです〜

・最先端AR技術をイベントで使用したいが予算があまりない

・日本国内でのイベントを検討しているが目玉となるものがない

・小学生以下の子供がいるファミリー層向けの集客をしたい

・イベント準備や費用に日数をかけられないので手軽に始めてみたい・・・など

〈キャンペーン名〉:Let’s Start AR Broadcast キャンペーン

〈キャンペーン対象者〉:2018年10月~2019年3月の期間中に申込み、イベント開催を日本国内で予定されている方

〈特典内容〉:キャンペーン価格:50万円〜(通常:オープン価格)

注意事項:キャンペーン価格は、AR Broadcast基本システムの利用料(1ヶ月/利用場所1ヶ所)を含みます。カスタマイズ費、PC、スクリーン/プロジェクタ、ARコンテンツ投影関連装飾設備、セットアップ費用などが別途必要になります。詳しくはお問い合わせください。

〈応募方法〉:お問い合わせフォームより件名「Let’s Start AR Broadcastキャンペーン」と記載の上、ご連絡をお願いします。関連ページはこちら:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]