logo

パレット健康保険組合、加入事業所とのマイナンバーを含む個人情報などの連携基盤に「HULFT-WebConnect」を採用

~安全・安心・確実なインターネット経由の送受信基盤、事務コストも大きく改善~

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下、セゾン情報システムズ)は、パレット健康保険組合(本部:東京都豊島区、以下、パレット健保)により、同組合と外部の加入事業所の間でやり取りされるマイナンバーを含む個人情報などの連携基盤として、ファイル連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」およびクラウドサービス「HULFT-WebConnect」が採用されましたことを発表します。
多くの事務コストがかかっていた、郵送による外部の加入事業所との事務作業の電子化を、事業所にも負担をかけることなくスムーズに実現。汎用性の高いファイルによる連携基盤が整備されたことから、様々な事務作業の電子化を進める手段として、さらには今後に向け業務のIT化を進める基盤としても活用が期待されています。


■DVD媒体や書類の送付作業で発生していた、多くの事務作業
パレット健保は、1964年に西武流通系グループの健康保険組合(以下、健保組合)として発足しました。現在もリテールや外食など100社ほどが加入し、被保険者および被扶養者含めて9万人ほどの加入者を抱えており、健保組合の中でも大規模な組織です。
健保組合と加入する事業所の間では、新たな人材の就職や従業員が退職した場合に被保険者資格の取得・喪失手続きが必要になるなど、マイナンバーを含む個人情報の送付が必要になります。住所変更やマイナンバー手続きなど、定常的に行っている様々な事務作業においても、取り扱いに高度な注意が求められる情報のやり取りが必要になります。

パレット健保では従来、各事業所に対し、印刷して書類にしたものやDVD媒体を郵送していました。しかし、書類の印刷・封入業務、媒体の準備や郵送代、郵送作業、書類保管業務など、大きな事務コストがかかっていました。さらには、郵送事故が起こる懸念もありました。
各事業所にとっても、年に1度は被保険者の保険料を算定する届書を健保組合に提出するため、大量の増減内訳書を保管する必要があるなど、望ましい状況にはありませんでした。

■インターネットを介した「安全・安心・確実」な情報授受の仕組みを、加入事業所の負担なく整備
パレット健保では、これら事務作業による手間を無くすため、インターネット経由で安全安心にファイルの送受信ができる情報連携基盤を「HULFT-WebConnect」で構築、電子データでの送付を可能にすることで事務コストの大幅な削減を実現しました。
取り扱いに高度な注意が必要な情報を取り扱うことから、IT化にあたっては、高度な安全・安心・確実な情報連携を実現する仕組みが必要でした。そこで、高い安全性の確保が求められる銀行業の基幹系システムで多数の導入実績※があるデータ連携ミドルウェア「HULFT」のクラウドサービス「HULFT-WebConnect」を連携基盤として採用しました。
※14年連続国内シェアNO.1、全国銀行協会の会員企業導入率100%、日本自動車工業会の会員企業導入率100% など

クラウドサービスであるため、初期費用を掛けずに導入でき、ITインフラの維持管理を自ら行う必要もありません。「HULFT-WebConnect」は通信経路が暗号化されており、途中で一時ファイルを書き出すなどクラウド上での情報の書き出しも行わないため、システム導入より新たな監査対象が増える事態も防ぐことができました。
一般のインターネット回線、特別な機器やネットワーク設定作業も必要なく導入でき、導入後も、PC内の指定のフォルダにファイルを置きバッチファイルを起動するだけで送受信を実施できるため、加入事業所にも負担をかけることなくスムーズに導入が実現できています。

■書類の電子化のみならず、様々な業務をIT化する基盤としても活用
現在、加入事業所印が手続き上必須な書類があるなど、全面的な電子化は実現できない状況ですが、政府により行政手続きの見直しが行われており、それに伴って健保関係書類の電子化もさらに進むと見込まれます。「HULFT」および「HULFT-WebConnect」は、汎用性の高いファイルによる連携基盤であり、新たな用途での活用も容易であることから、パレット健保では引き続いて、健診データのやり取りの電子化を検討しています。
さらには、電子データがファイルとして直接届く仕組みのため、加入事業所において、人事システムなど後続システムとの自動連携処理を容易に実現できた例も出てきました。業務でのIT利活用がより求められるようになる今後に向け、書類の電子化のみならず、様々な業務のIT化を実現する基盤としても活用が期待されています。


■「HULFT(ハルフト)」について                      
(製品詳細URL:リンク
「HULFT」は1993年の発売以来、対応プラットフォームを拡張しながら業務システムのファイル連携に必要な機能を実装し続け、業種・業界を問わず、全世界で43ヵ国、9,200社、196,900本(2018年5月末現在)のお客様にご利用いただいているファイル連携ミドルウェアです。サーバーやプラットフォーム、コード体系などが異なる様々なファイルを、業界標準のTCP/IPプロトコルを使って安全、確実に送り届けます。

■「HULFT-WebConnect」について                     
(製品詳細URL:リンク
「HULFT−WebConnect」は、専用線を導入する必要なく、インターネットを経由した 「HULFT」によるファイル転送を実現するクラウドサービスです。導入済みの「HULFT」を活用して環境構築することもでき、専用線をインターネット公衆回線で置き換える手段としても活用いただけます。

■株式会社セゾン情報システムズ について                 
本社:〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 19F
設立:1970年9月1日
代表者:内田 和弘(代表取締役社長)
資本金:13億67百万円
事業内容:Fintechプラットフォーム事業、流通ITサービス事業、HULFT事業
証券コード:9640 (東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)
URL:リンク


商標関連
・「HULFT」その他 セゾン情報システムズの商品またはサービスの名称等は、セゾン情報システムズの商標または登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

<報道関係者様からのお問い合わせ先>
株式会社セゾン情報システムズ
広報担当:豊田・横井
TEL: 03-6370-2930
E-mail:kikaku@saison.co.jp

<HULFTに関するお問い合わせ先>
株式会社セゾン情報システムズ
HULFT事業部マーケティング部:岡崎
TEL: 050-3199-2639
E-mail:info@hulft.com

このプレスリリースの付帯情報

HULFT-WebConnect導入によるセキュアなデータ転送ネットワーク図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]