logo

ジョブ理論の分析を可能にするデータマイニングサービス、SegmentDiscoveryの提供を開始


 株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 誠一)はこのほどマーケティング関係者の注目を集めている「ジョブ理論」の分析に適した独自の分析手法「SegmentDiscovery(セグメントディスカバリー)」を開発し、サービスの提供を開始しました。SegmentDiscoveryはデータマイニングとテキストマイニングを統合することにより、より深い気付きが得られる新しい分析手法です。この手法を使って実際に得られる分析結果については、日経リサーチが実施した「ビール市場に関する調査」を例にご紹介します。

SegmentDiscoveryとは まず、深く知りたいターゲットを設定し、(1)調査結果からそのターゲットが多く存在するパターンを発見し、(2)同一のパターンのターゲットがアンケートの自由回答に記述している「共通のキーワード」を見つけ出す、という2段階で、データおよびテキストマイニングを施す分析手法です。(図1)

図1.SegmentDiscoveryの分析イメージ
リンク


ジョブ理論とは ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が発表した理論で、ヒトがものを買う理由を「あなたはどんなジョブ(用事・仕事)を片付けたくて、そのプロダクトを“雇用”するのか?」という視点に基づいて解き明かそうとする考え方です。

ビール市場に関する調査結果 今回はジョブ理論の考え方を基に、調査結果から知りたいターゲットとして「ビールが世の中から無くなると、とても困る人」を設定、その人たちのインサイトを解き明かしました。
SegmentDiscoveryを使って、まず、ビールが無くなると困る人に共通するパターンを見つけ、年齢と男性比率でマッピングしました(図2)。ここから、「子供がいる人」で特に男性にビールを必要とする人が多いことや、親子飲みをする人は男女関係なくビールを必要とする人が多いことが見てとれます。さらに、これらのパターンをそれぞれテキストマイニングで分析することで、ビールが無くなると困る人が片づけたい3つのジョブを見つけ出しました(表1)。

図2.ビールが無くなると困る人に共通するパターン(年齢x男性比率によるマッピング)
リンク

表1.ビールが無くなると困る人が片付けたい3つのジョブ
リンク

調査結果をより詳しくご紹介したコラムを、日経リサーチのホームページに掲載しています。ぜひご一読ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]