logo

TCLとの業務提携の第一弾として、TVのハイエンドブランドである “XESS” シリーズに共同開発した音質技術を搭載

オンキヨー株式会社は、このたび、TCL Multimedia Technology Holdings LTD(TCL 多媒体鉤科技控股有限公司、本社:中国広東省恵州市)傘下のグループ(以下、TCL)との業務提携に基づき、AV機器全般での音質に関する共同開発を進めていました。今回、その第一弾として、TCLが2018年8月16日に発表を行った新コンセプトTV “XESS” シリーズに共同開発の音質技術が搭載されましたので、お知らせいたします。



当社は、TCLとの業務提携(2018年4月10日発表)により、業務提携商品であるヘッドホンやサウンドバー、ミニコンポだけでなく、他のAV機器での協業を進めています。
2018年8月16日(木) には、北京でハイエンドTVのサブブランド “XESS”シリーズが発表されました。本シリーズは、次世代TVとして、Living Windowと銘打った新コンセプトモデルに、共同開発した音声技術が搭載されており、TVとしての最高レベルの ”音” の再生に加え、新コンセプトにふさわしい “音” がお楽しみいただける商品となっています。


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

                  XESSシリーズ4機種の設置イメージ

協業の第一弾として、中国で発売されるTVとしては初めて ”音質” とOnkyoブランド を提供したTVモデルとなりましたが、業務提供商品であるヘッドホンやサウンドバー、ミニコンなどのAV機器の開発に加え、欧米をはじめとする海外向けTVモデルなど共同開発商品の拡大も視野に入れています。共同開発のみならず部品供給など、協業スキームの拡大を行うことにより、ビジネス拡大だけでなく、Onkyoブランドを提供するマーケティング活動との相乗効果でOnkyoブランドの知名度も向上でき、TVをより楽しむ為に当社既存AV製品の拡販に繋がることが期待できます。
今後も、「あらゆる生活シーンにオンキヨーを」を目指し、協業を通じ、お得意先様の商品に「音」による付加価値をご提案してまいります。

■ 新コンセプト次世代TV “XESS” シリーズの概要
TVモデルにおけるハイエンドなサブブランドとして位置づけられる商品。伝統的な黒い画面のTVではなく、リビングの中心にある “Living Window” (リビングの窓)をイメージしたデザインに加え、AI機能が搭載されており、家庭の中心/ハブとなる役割をもった新コンセプトのTV。
・ 画面サイズ:65型3機種、55型1機種
・ 4種の革新的な外観(上記写真参照)
・ AI機能搭載
・ 2018年8月より、中国国内で発売開始予定

【関連リンク】
◆海外でのヘッドホンやAV事業を強化、TCLグループとの業務提携開始に関するお知らせ(2018年4月10日付)
 リンク
◆オンキヨーのグローバルコラボレーション:
 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]