logo

第7回”L3スイッチと何が違う? L2スイッチ「SWX2100」の特徴とは?”

SCSK株式会社 ネットワークプロダクト部 販売促進課 はシオラボ氏のマイナビ連載コラム「ヤマハルータで作るVPN - 構築からトラブル解決まで」の第7回”L3スイッチと何が違う? L2スイッチ「SWX2100」の特徴とは?”を公開しました。

興味がある方は以下をご覧ください。

###
前回は、ヤマハルータに搭載されている「LANマップ」機能を紹介しました。ネットワーク構築後の保守フェーズでは、トラブルによるネットワーク停止は、たとえ一瞬でも避けなければなりません。そのためには、トラブルの発生を予見するとともに、万が一トラブルが発生したとしても、早期に検知し対処することが重要です。日々のネットワーク状態の把握や、トラブルの早期発見には、LANマップをはじめとした「ネットワークを見える化」することは、強力な武器となることでしょう。

今回からは、これまで取り上げてきたヤマハルータ「RTX830」に、ヤマハのシンプルL2スイッチ「SWX2100」を接続して、どのようなことができるかを見ていきましょう。まずは、「SWX2100-5PoE」の特徴を紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]