logo

2018年7月のモバイルマルウェアレビュー

2018年7月、Android向けの危険なバックドア Android.Backdoor.554.origin が再び拡散されました。

###

このトロイの木馬はユーザーをスパイし、サイバー犯罪者が感染したスマートフォンやタブレットを遠隔操作することを可能にするもので、2017年4月よりDoctor Webのウイルスアナリストに知られています。 Android.Backdoor.554.origin にはWindows向けのワームが密かに含まれていました。このワームは、モバイルデバイスに接続されたメモリカードにコピーされ、その後Windows搭載コンピューターを感染させます。また、Androidスマートフォンやタブレットのユーザーは7月も引き続きバンキング型トロイの木馬による攻撃を受けました。 Android.Banker.2746 と名付けられた、それらトロイの木馬の1つはGoogle Play上のアプリケーション内で検出されています。他のバンキング型トロイの木馬の多くは、同じくGoogle Playから拡散されている Android.DownLoader.753.origin によってモバイルデバイス上にダウンロードされていました。その他にも、バンキング型トロイの木馬 Android.BankBot.279.origin が検出されています。このトロイの木馬は便利なアプリケーションを装って拡散されていました。さらに、7月には新たな商用スパイウェアプログラム Program.Shadspy.1.origin と Program.AppSpy.1.origin がDoctor Webのウイルスアナリストによって発見されました。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]