logo

株式会社STANDARD、富士通グループの総合人材研修企業である富士通ラーニングメディアと提携を開始

株式会社STANDARD 2018年07月06日 10時01分
From PR TIMES

年間92,000人以上に研修講座を提供する富士通ラーニングメディアを販売パートナーとして迎え、AI人材の育成と普及を進めてまいります。

AI人材の育成プログラムを提供する株式会社STANDARD(代表取締役社長:石井大智 本社:東京都新宿区)は、総合人材育成企業 株式会社富士通ラーニングメディア(代表取締役執行役員社長:青山昌裕 本社:東京都港区)を販売パートナーとして迎え、より一層の普及に努めます。



[画像: リンク ]


■提携の概要
弊社の研修プログラムは一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下:日本ディープラーニング協会、英称: Japan Deep Learning Association, JDLA)の認定プログラムとなっております。日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力向上を目指しており、そのためには人材育成が重要であるとしています。

ディープラーニング技術を担う人材、またはその可能性と限界を正しく理解し事業に活用する人材の両方が必要との考えから、ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)あるいはそれに関する知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)の育成を目指しています。

日本ディープラーニング協会では、上記スキルを保有することを証明する資格制度として、E(エンジニア)資格、G(ジェネラリスト)検定を実施しています。E資格については日本ディープラーニング協会が認定したプログラムを修了することで受験が可能になります。

本講座の普及に、富士通ラーニングメディアを販売パートナーとして迎え、推進してまいります。

■株式会社富士通ラーニングメディアについて
国内最大規模の総合人材研修企業として企業の人材育成のトータルソリューションを提供しております。 あらゆる業種の企業や公共機関・団体を対象に、「ITテクニカルスキル」から「ヒューマン・ビジネススキル」まで、オープンコースを約1,450コース、年間約92,000人の受講者に提供しております。
URL:リンク

■関連イベント情報
AI Innovators Meetup Day 第二弾「AI×ビジネス」の実現に向けて
~AIを事業に生かすための組織と人材育成~
リンク

■今回の取組みに関するコメント
<株式会社富士通ラーニングメディア 取締役執行役員 古川 勝久 氏>
日本においてはAIを始めとする最新のデジタルテクノロジーを使いこなせる人材が不足しています。今般、弊社が販売するSTANDARD社のAI人材育成プログラムは日本ディープラーニング協会様が実施する資格制度にも対応しており、効率的、効果的にAI人材を育成することが可能です。今後の新たなビジネスにAIテクノロジーの活用を検討している企業様に是非ご利用いただきたいと考えています。

<日本ディープラーニング協会事務局長 岡田 隆太朗 氏>
JDLA認定プログラムであるSTANDARD社のプログラムは、オンラインで時間と場所を選ばずに学習できます。そのため、忙しい社員様をディープラーニング人材へと育成し、社会実装を進めるために適した形態であると推奨できます。また、他社の講座にはない徹底的な学習フォローがあるので、即時の質問対応により、初学者からでも十分に身につく仕組みとなっていることも推奨理由のひとつです。

<株式会社STANDARD 代表取締役社長 石井 大智>
現在、AIやIoTはデジタルトランスフォーメーションの中核をなす技術となっています。しかし、一方でそれを扱う人材の不足が深刻であり、十分な開発が行われていません。そんな中、長年に渡り人材育成に取り組まれているFLM様と連携し、開発をリードする企業様の人材育成に取り組めることを非常に嬉しく思います。

■株式会社富士通ラーニングメディアの概要
所在地: 〒108-0075 東京都港区港南 2-13-34 NSS-IIビル
代表者: 代表取締役社長 青山 昌裕(あおやま まさひろ)
事業内容:
・ 人材育成・研修サービス
-人材育成コンサルティング
-学習管理サービス「KnowledgeC@fe」
-講習会/サテライト講習会/e講義動画/eラーニング
-eラーニングコンテンツ受託開発/ドキュメント制作・活用/
・ Webサイト制作・運用サービス
・ 個人のお客様向けパソコン教室(富士通オープンカレッジ)
関連URL: リンク

■日本ディープラーニング協会
所在地: 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4−1−20 田中山ビル10F
代表者: 理事長 松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 特任准教授
関連URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]