logo

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18」フィナーレのロイヤル・バレエ『白鳥の湖』8.24(金)公開!『ロミオとジュリエット』『椿姫』他待望の来シーズンラインナップ全11演目!

ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』8.24(金)よりTOHOシネマズ日比谷、日本橋ほかにて順次公開!



 バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』と題し、東宝東和株式会社配給の元、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で今年も順次上映中です。そして最後を飾るロイヤル・バレエ『白鳥の湖』がいよいよ8.24(金)公開となります。

ロイヤル・バレエ『白鳥の湖』8.24(金)公開!

ピョートル・チャイコフスキーの音楽による偉大な伝統的バレエ『白鳥の湖』に、リアム・スカーレットの新たな振付を加えた新演出版。 美術をジョン・マクファーレンが手がける。

  マリアネラ・ヌニェス(オデット/オディール)とワディム・ムンタギロフ(ジークフリード王子)。

[画像1: リンク ]



 本シーズン『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2017/18』に続き、『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19』の劇場公開&全11演目が決定!


 ロンドンのコヴェント・ガーデン、ロイヤル・オペラ・ハウスで上演されたロイヤル・バレエ団、ロイヤル・オペラによる世界最高峰のバレエとオペラを、全国の映画館で鑑賞できる『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン』。すべての上映作品に、ロイヤル・オペラ・ハウスで人気の高い案内人による舞台裏でのインタビューや特別映像等が追加されており、日本にいながらもそのボリュームある内容や劇場ならではの大迫力の音響&大スクリーンに映し出される細やかな表情や美しい映像を楽しめるということで、人気を博しています。


 また、ロイヤル・バレエ団には、主役ダンサー・プリンシパルとして在籍する日本人ダンサーの高田茜さん、平野亮一さんを始めとして、現役で活躍する日本人ダンサーを観られることでも大きな注目を集めています。

 さらに、本作の魅力のひとつとして挙げられるのが、王道の名作から近年のチャレンジングな作品まで揃えたバランスの良いプログラム。早くも来シーズンの劇場公開作品が発表されました!
 待望の新シーズン『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19』は、ロイヤル・バレエ『ロミオとジュリエット』や、ロイヤル・オペラ『椿姫』など、下記人気作品11演目をラインナップ!
 ますますの盛り上がりを見せる本作に、是非ご注目ください!!


<『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/2019』全11演目>

●ロイヤル・バレエ 『うたかたの恋』

[画像2: リンク ]



●ロイヤル・バレエ 『ラ・バヤデール』


[画像3: リンク ]



●ロイヤル・バレエ 『くるみ割り人形』

[画像4: リンク ]


●ロイヤル・バレエ 『ドン・キホーテ』

[画像5: リンク ]


●ロイヤル・バレエ 『ロミオとジュリエット』

[画像6: リンク ]


●ロイヤル・バレエ 『ウィズイン・ザ・ゴールデン・アワー / シディ・ラルビ・シェルカウイ新作 / フライト・パターン』

[画像7: リンク ]


●ロイヤル・オペラ 『ワルキューレ』

[画像8: リンク ]


●ロイヤル・オペラ 『スペードの女王』

[画像9: リンク ]


●ロイヤル・オペラ 『椿姫』

[画像10: リンク ]


●ロイヤル・オペラ 『運命の力』

[画像11: リンク ]


●ロイヤル・オペラ 『ファウスト』

[画像12: リンク ]



■公式サイト:リンク   ■配給:東宝東和
全国順次公開!

[動画: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]