logo

インタラクティブアドネットワーク"3D AD"、「ファミ通App」内の特別純広告メニューに採用決定。2018年7月1日から販売開始!

株式会社VRize 2018年07月02日 12時01分
From PR TIMES

3DCGを広告素材として配信が出来るスマホ/PC向けのインタラクティブアドネットワーク「3D AD(スリーディーアド)」(リンク)を運営する株式会社VRize(本社:東京都港区、代表取締役:正田英之、以下VRize)は、スマートフォンゲームアプリ専門情報ポータルサイト「ファミ通App(ファミツウアップ)」(運営:株式会社Gzブレイン、URL:リンク)と連携し、ファミ通App内における特別純広告メニューを共同開発致しました。




[画像1: リンク ]



取り組み背景

昨今、端末の高度化に伴い、スマートフォンマーケットにおいても3Dゲームが増加傾向にあり、立体的でアニメーションリッチな表現がスマホアプリ上でも実現できるようになりました。

一方で、広告配信においては、静止画のバナー広告や動画広告など2Dのフォーマットしか存在せず、3Dゲームのリッチな表現をうまく再現することが難しい状況にあります。

ファミ通Appへの広告出稿においても、同様に3Dゲーム開発企業が増加傾向にあるため、そのような広告主に対して最適なメニューを提供するということが本取り組みの目的となります。

また、3D ADの特徴であるインタラクティブ性やゲームの再現性は、2Dゲームの広告においても有効であるため、この度開発したメニューは3Dゲームに限らず2Dゲームの広告主に対しても提供することに致します。つまり、全てのスマートフォンゲーム開発企業に使っていただける広告メニューをご提供致します。



本取組みの内容


[画像2: リンク ]

上記のように、オーバーレイ枠からキャラクターが飛び出すようなフォーマット等をご用意しております。詳しい料金体系や素材の入稿フォーマット等はお問い合わせくださいませ。



3D ADとは


VR/ARのコア技術である3DCGを、広告素材として配信が出来るスマホ/PC向けのアドネットワークです。タップやスクロール、ジャイロ操作にインタラクションを設定することが出来、今までにないインタラクティブ体験とリッチな表現が可能となります。

また、広告枠は3D素材を際立たせる特殊な枠を用意しており"AR"のような実在感を演出し、ユーザーには広告をコンテンツとして楽しんでもらう工夫を凝らしています。

●スマホ専用デモURL リンク
 タップ・ジャイロ・スクロールでクマがアクションします。
≫3D AD(スリーディーアド):リンク



ファミ通Appとは


ファミ通Appは、スマートフォン向けゲームを中心としたゲーム情報のポータルサイトで、新着ゲームアプリや攻略情報など、編集部が厳選した情報を毎日配信しています。

さらにファミ通Appブランドでは、iOS/Android向け無料アプリ「ファミ通App-アプリ情報-」や、専門ムック、攻略本、イラスト集といった関連書籍など、様々なゲームアプリの情報サービスを展開しています。

URL: リンク
Twitter:リンク



VRize紹介


VRizeは"3D TECHNOLOGY COMPANY"としてVR/AR含めたあらゆるデバイスに対して3DCG関連の事業開発をしている会社です。
3DCGを、広告素材として配信出来るスマホ/PC向けのアドネットワーク"3D AD"、高機能なVR動画アプリを短納期・低価格で制作できるCMSサービス"VRize Video"の2サービスを手掛けています。KDDI株式会社が運営するスタートアップ支援プログラム「KDDI ∞ Labo」第11期で採択されています。

【株式会社VRize】
本社 : 〒106-0032
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
代表者 :代表取締役 正田英之
設立 :2016年2月
資本金 :非公開
URL :リンク
事業内容:VR関連事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]