logo

インフォマティカ、エンタープライズ向けストリーミングデータ管理を実現する 業界で最も包括的なソリューションを発表

• 「Big Data Management®」と「Big Data Streaming」が、オンプレミスまたはクラウドで「Apache Spark Streaming」を利用した複雑なストリーミング分析を実現
• 「Edge Data Streaming」と「Power Exchange® for Change Data Capture」により、サービス品質を保ちながら「Apache Kafka」へのデータ取り込み/取り出しが可能に

インフォマティカ(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ)は本日、エンタープライズ向けストリーミングデータ管理を実現する、業界で最も包括的なソリューションの提供開始を発表しました。これにより、企業におけるリアルタイムでのストリーミングデータの活用、取り込み、加工、またそれに基づいた活動を実現し、データ主導型のタイムリーな意思決定を支援します。

本ストリーミングソリューションには、「Edge Data Streaming」、「Big Data Management」、「Informatica Big Data Streaming」を含みます。これにより、複数のデータソースからデータレイクへ取り込む大量のリアルタイムインサイトの管理が可能となり、開発言語の変更や、既存の不完全なストリーミングデータ管理ソリューションのつぎはぎ作業が不要となります。

今回のアップデートには以下の内容を含みます。
• 「Edge Data Streaming」を活用したSLA主導のブローカレスなアプローチにより、あらゆるデータを取り込み、収集・加工ができるようになりました。また、独自の開発を行うことなく、複数のオンプレミスまたはクラウドから、ソースとターゲットを組み合わせて継続的にデータを取り込むことができます。
• 「Informatica Big Data Management」に新しく搭載された、データベース向けの大容量の取り込み機能は、複数のデータソースから構造化データを単一ステップで素早く統合し、開発者の生産性向上を実現します。そして、「CLAIRE™(注1)」ベースの「Intelligent Structure Discovery」を搭載した新しいAI主導のソリューションにより、データエンジニアは、IoTデバイスやWebクリックストリームをはじめとした準構造化ソースからのデータを、自動的に構造化データに解析できるようになりました。
• 今回「Informatica Big Data Streaming」の新機能として、「Apache Spark Streaming」の最新バージョンに対するサポートを拡張しました。これにより、企業はスピード化によるメリットを確保しつつ、「Microsoft Azure Event Hub」に対するサポートを拡張し、クラウド内のより多くのデータソースからデータを収集できるようになります。さらに、最新版である10.2.1の「Enterprise Data Catalog」、「Enterprise Data Lake」から、ユーザーインターフェイスが日本語化され、業務部門およびデータサイエンティストを含む国内ユーザーの利便性が向上しました。なお、インフォマティカ・ジャパンでは、実機操作を通じて「Enterprise Data Catalog」を体験できる、最新データカタログソリューションハンズオンセミナーを開催しています。詳しくはこちらをご覧ください。

(注1)インテリジェントなデータプラットフォームの人工知能

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]