logo

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』グローバル版にアラビア語、ブラジルポルトガル語を追加!

KLab株式会社 2018年06月05日 10時01分 [ KLab株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES



KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:真田哲弥、以下「KLab」)は、スマートフォン向け対戦型サッカーシミュレーションゲーム『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』のグローバル版『Captain Tsubasa: Dream Team』に新たにアラビア語、ブラジルポルトガル語を追加したことをお知らせいたします。
[画像1: リンク ]




中東ではセールスランキング1位を獲得!【言語追加の背景と狙い】


本作はリリース以降、中東と北アフリカを合わせたMENA市場でも人気が増しており、すでに5ヵ国でApp Storeの総合セールスランキング※で1位を獲得。ファンの皆様からもアラビア語対応のリクエストを多数いただいており、この度、追加することにいたしました。

※iPhoneのApp Storeの総合セールスランキングで1位を獲得したMENA諸国:
バーレーン、オマーン、エジプト、クウェート、アラブ首長国連邦(App Annie調べ)
[画像2: リンク ]

また、サッカーが盛んなブラジルでも、原作『キャプテン翼』は大変な人気を集めています。ブラジルポルトガル語を追加することで、より多くの原作ファンやサッカーファンに、本作をプレイいただくことが可能となります。

[画像3: リンク ]




Global Growth(海外展開)


グローバル版『Captain Tsubasa: Dream Team』は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、繁体字中国語の6言語に対応しています。今回それらに加え、アラビア語、ブラジルポルトガル語を追加し合わせて8言語への対応となりました。
KLabGamesはこれからも、グローバル展開に力を入れていきます。
※『Captain Tsubasa: Dream Team』は日本、中国大陸、韓国以外、全世界で配信されています


『キャプテン翼』作者、高橋陽一先生からのメッセージ!


高橋陽一先生から世界中の『キャプテン翼』ファンの皆様に向けて、スペシャルビデオメッセージを頂戴しました。
[動画: リンク ]




『キャプテン翼』とは


『キャプテン翼』は、高橋陽一氏が描くサッカー漫画。1981年より集英社『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタートし、日本のサッカー少年たちを中心に多大な影響を与えた作品です。
その後も、主人公である大空翼たちの成長を描くシリーズを続編として発表。現在は、集英社より隔週で発行されている『グランドジャンプ』にて『キャプテン翼 ライジングサン』が連載されています。

日本国内での単行本・文庫本累計発行部数は計7000万部を突破。
国内のみならず、世界20言語に翻訳され、海外各国でも数多く出版されている大人気作品です。

【ダウンロードURL】
リンク
リンク


『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』概要

タイトル キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~
対応OS iOS 8.0 以降、Android™ 4.4 以降
※上記条件を満たしている場合でも
一部端末ではご利用いただけない場合があります。

ジャンル 対戦型サッカーシミュレーション
配信開始日 2017年6月13日
プレイ料金 基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
公式サイト リンク
公式Twitterアカウント @tsubasa_dteam
公式Facebookページ リンク
著作権表記 (C)高橋陽一/集英社
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム
原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)
(C)KLabGames
※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録されたApple Inc. の商標です。
App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
※Android、Google Play、Google Playロゴは、Google LLC の商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]