logo

追手門学院大学が今年度から「留学生キャリア形成ゼミ」を開講 -- 外国人留学生の日本での就職を強力サポート

追手門学院大学 2018年04月24日 20時05分
From Digital PR Platform




追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:川原俊明)では今年度から外国人留学生の日本での就職に特化した「留学生キャリア形成ゼミ」を展開している。4月26日(木)には、日本の就職活動において近年重要性が増しているインターンシップについて授業を実施。経験者の生の声からインターンシップの重要性を理解し、情報収集や参加に必要な知識を身につけることを目指す。




【ポイント】
○日本での就職を希望する学生のニーズの高まりに対応し、新規プログラムとしてスタート。
○日本特有の就職活動をしっかり理解し、日本人学生と対等に就職活動ができるように支援。
○留学生に特化した就職関連プログラムを正課で行い、単位認定して、体系的に指導する取り組み。

 追手門学院大学では2018年度から、教員、職員が一体となり外国人留学生の日本での就職をサポートする「留学生キャリア形成ゼミ」を正課の授業として新たに開講した。これは、春学期15回の授業を通して、日本の企業制度や雇用契約、日本の文化と仕事の関連などをディスカッション形式で学ぶもの。15回の内3回は就職・キャリア支援課職員による講義を組み込み、日本特有の就職活動の理解や必要なスキルなどを学び、日本人学生と対等に就職活動ができるように支援する。

 4月26日(木)の授業は、就職・キャリア支援課による2回目の講義。今回は同課の職員と共に、昨年インターンシップに参加した外国人留学生が登壇し、授業を行う。概要は下記の通り。

◆授業概要
【日 時】 4月26日(木) 4限(15:00~16:30)
【場 所】 追手門学院大学 3号館 3203教室
【対 象】 外国人留学生 3年生 21人(留学生キャリア形成ゼミ履修生)
【内 容】
◇インターンシップとは
 ⇒インターンシップの種類や時期などの基本情報や企業側の狙いなどを説明。
◇インターンシップ参加学生の声
 ⇒ 昨年複数のインターンシップに参加した外国人留学生が、自身の経験からインターンシップで得たことや、日本企業に就職する際に必要だと思う能力等について語る。
◇インターンシップで準備すべきこと
  ⇒事前準備の重要性と具体的な数値目標などを提示。

(参考:追手門学院大学公式サイト内関連ページ)
・留学生対象特別キャリアプログラム
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
足立・谷ノ内
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]