logo

バニーホップ、つなげば既存機器がIoT化する「IoTコネクター」を発売

株式会社バニーホップ 2018年04月24日 10時01分
From PR TIMES

IoT企画・開発の株式会社バニーホップ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:澤 規仁)は、インターネット上から遠隔で既存機器のON/OFF操作ができる「IoTコネクター」シリーズの販売を開始したことを発表いたします。




[画像1: リンク ]

IoTコネクターシリーズは、「IoT Connector」「IoT Connector LTE」「IoT Connector PRO」の3タイプを用意しており、それぞれローコスト、簡易設置、高信頼性が特徴です。


[画像2: リンク ]




IoTコネクターの特徴


1.設置はつなぐだけ

設置は、既存の設備の無電圧接点を「IoT Connector」に接続するのみ。すぐに機器のリモートON/OFFを体験いただけます。
[画像3: リンク ]


2.外部システムとの連携

WebAPIによる通信で既存のお客様システムと連携させることができます。
例えばスマートフォンアプリと連携し、自動ドアの開操作を行えるようにすることで、ローコストでオートロックシステムが実現できます。
[画像4: リンク ]


3.セキュリティ

IoTコネクター内部のICチップ上でクラウドとのVPN接続処理が行われ、IoTコネクターの操作は、クラウドからの許可された通信でのみ実行可能です。



【製品種類】


IoTコネクター

インターネット接続環境(※)があれば、LANケーブルをつなぐだけで利用できます。※DHCPが必要です。


[画像5: リンク ]



IoTコネクターLTE

LTEだから配線はコンセントのみ。コンパクトでどこにでも設置できます。
※LTE回線(SIM)はお客様にてご契約いただく必要があります


[画像6: リンク ]



IoTコネクターPRO

EthernetとLTEの回線二重化で高信頼性ネットワークを構築します。
また接点端子を8極持ち、多数の機器を接続制御できます。
[画像7: リンク ]




【製品仕様】


[画像8: リンク ]



【今後の展開】

IoTコネクターは業界を問わずさまざまな設備でご利用いただけます。現在、株式会社バニーホップでは、IoTコネクターの販売パートナーを募集しています。
既存の設備機器に、IoTコネクターを組み合わせることで「遠隔操作できる機器」として高度化が可能です。


【株式会社バニーホップ】
株式会社バニーホップは、IoT技術を用いた製品開発を行っています。
IoTで人間と情報をうまくつなぎ、いままでにない使い心地のよさやユーザ体験を提供しています。
リンク

【お問い合わせ先】
・株式会社バニーホップ
・TEL:03-6407-1866
・mail:info@bunnyhop.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]