logo

公的ミクロデータのオープン利用を目指して 早大データ科学センターシンポジウム

早稲田大学 2018年04月20日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

2018-04-20

早稲田大学

早稲田大学データ科学総合研究教育センター シンポジウム開催
統計制度を確立した大隈重信とともに、データ立国とグローバル問題解決を担うために

2018年4月27日、早稲田大学データ科学総合研究教育センター(以下、データ科学センター)はシンポジウムを開催します。
本学の創立者大隈重信は国際的な視点から統計の重要性を説き、その先見の明から1881年(明治14年)に統計院(現在の「独立行政法人 統計センター(以下、統計センター)」の前身)を設立、自ら統計院長に就任し、日本の統計制度を確立しました。現在、統計センターでは、日本の基本となる統計の作成(製表)を行うとともに、作成された公的統計ミクロデータのオープンな利用を促しています。
大隈重信によってほぼ同時期に設置された統計センターと早稲田大学は、2017年12月にデータ科学センターを発足させたことを機に、将来のデータ立国に向けた一翼を担い、公的統計ミクロデータの利用を広く促進していくために、現在連携強化を図っているところです。そのようななかで、データ科学センターが担う役割を学内外へ発信すべく、分野を問わず多様な分野の研究者や企業の方々を対象にシンポジウムを開催することとしました。このシンポジウムでは、公的ミクロデータのオープン利用について統計センターより説明するとともに、その利用を通じた本学における研究例を紹介いたします。IoT人材育成やデータの活用を課題としている企業など、皆様のご来場をお待ちしています。

●シンポジウム概要●
【主題】統計制度を確立した大隈重信とともに、データ立国とグローバル問題解決を担うために
【日時】2018年4月27日(金)14:30~17:00 ※13:30 開場
【場所】早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂
【定員】300名 
※入場無料、要事前申込(URL:リンクより申込ください)
【主催】早稲田大学データ科学総合研究教育センター 
【本件に関するお問合せ先】早稲田大学データ科学総合研究教育センター事務所
電話:03-3204-9164  E-mail:cds-info@list.waseda.jp

詳細はこちら:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]