logo

百十四銀行の融資支援システムを全面刷新し2018年1月にリリース

フューチャー株式会社 2018年04月19日 11時01分
From PR TIMES

~戦略業務系システム「FutureBANK」導入で業務効率とサービス品質を向上~

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:東 裕二、以下フューチャーアーキテクト)は、株式会社百十四銀行(本社:香川県高松市、頭取:綾田 裕次郎、以下百十四銀行)向けに、同社の戦略業務系システム「FutureBANK」をベースとした融資支援システムを新たに構築し、2018年1月に本稼働させたことをお知らせいたします。



[画像: リンク ]

百十四銀行は、中期経営計画『チャレンジ・バリュー・プラス』(2017年度~2019年度)において、業務とシステムの改革に継続的に取り組んでいます。この一環として、渉外業務の高度化、融資業務の効率化のため、今回新たに融資支援システムを構築しました。

◆新システム導入の効果
1.渉外融資業務全体のプラットフォーム化による業務効率と生産性の向上
営業活動から案件審査、融資実行、格付・自己査定に至る一連業務を一気通貫で遂行できるようになります。これにより、業務オペレーションが集約され効率と生産性が向上します。

2.一元管理された情報をもとに営業店と本部で一体となり顧客リレーションを強化
営業活動に重要な情報や、事業性評価の観点で必要となる情報を一元的に管理できるようにしました。これにより、営業店と本部が顧客のニーズや課題をリアルタイムに共有し、顧客リレーション強化に向けてより効果的な営業活動ができるようになります。

3.オペレーションの自動化による事務時間の大幅な削減
契約書作成や融資実行等のオペレーションを自動化し二重入力を排除することで、事務時間を大幅に削減します。さらに、融資事務を担当する人員をより付加価値の高い業務に従事させることも可能になります。

4.専門性の高い特定業種向け業務の標準化
一般の事業法人向けファイナンスとあわせて、不動産・賃貸業、船舶業等の特定業種についての業務の標準化と効率化を図るとともに、途上管理、シミュレーション等も実現することで業務の高度化を図ります。

フューチャーアーキテクトは、これまでに全国26行の金融機関に業務・システム改革コンサルティングサービスを提供してきた実績とノウハウを強みに、百十四銀行の業務とITの一体的な改革を支援するパートナーとしてともに改革を推進していきます。

==================================================
フューチャーアーキテクトは、『FutureBANK』をはじめ金融機関向けのソリューションメニュー
『Future Banking Solution(FBS)』の展開に力を入れています。
金融業務とITの分野での、業務コンサルティングサービスからシステム構築・導入、運用・保守まで、
一貫して顧客ニーズに合わせた最適なサービスを提供します。
■主要サービスメニュー
◆業務領域サービス
「渉外・融資業務改革」、「経営管理高度化」、「お客様の声/CS改革」
「FutureBANK」、「KeyMan」
◆ IT領域サービス
「ITコスト適正化/ITデューデリ」、「IT中計策定」、「勘定系選定」、「PMO支援」
■FutureBANKサービスメニュー
●営業支援サービス:法人CRM、個人CRM、タブレット・モバイル
●事務支援サービス:電子稟議、格付・自己査定、預り資産、償却引当
●経営管理サービス:収益管理、原価管理
●生産性分析サービス:ログ分析レポート、利活用コンサルティング
==================================================

●フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者:代表取締役会長 金丸 恭文 、 代表取締役社長 東 裕二
設立 :2016年4月1日
事業内容:ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供
URL:リンク

●本件に関するお客様からのお問合せ先
フューチャーアーキテクト株式会社 金融ビジネス本部
TEL:03-5740-5792
E-mail:gr-financial@future.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]