logo

手術映像管理・編集システムSURGE ONEのラインアップを拡充。『SURGE ONE v2』を新発売



ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、手術映像管理・編集システム『SURGE ONE v2』を発売いたします。
[表: リンク ]



『SURGE ONE v2』(サージワンブイツー)は、ティアックのメディカルビデオレコーダー『UR-4MD』から転送された手術動画・静止画をNAS(Network Attached Server)などのストレージで一元管理します。院内の手術動画・静止画が簡単な操作で一元管理でき、カンファレンスでの説明や学会発表のための動画編集作業、医局での動画管理作業などを効率化します。
[画像1: リンク ]

          SURGE ONE v2 リンク

【SURGE ONEとの違い(新機能)】
・Webブラウザを活用することにより、院内のネットワークに接続されているPC端末、iPadから利用が可能です。クライアントPCに専用のソフトウェアをインストールする手間なく運用できます。
・Windows/Mac/iPadに対応。院内の既存端末(Windows / Mac / iPad)を使用して、手術映像の検索、再生、編集が可能です。
・各診療科にひも付けられている動画データに対して、閲覧・編集する利用者の制限を設けることが可能です。
・管理徹底のためログインするユーザーIDごとに各種権限を設定するとができます。安全・安心に院内の情報を一元化、情報共有が可能です。

『SURGE ONE v2』は、院内の手術映像を一元管理できる手術映像管理・編集システムで、院内ネットワークでブラウザを使用し、個人のユーザーIDでログインできます。院内の既存端末(Windows/Mac/iPad)を利用できるほか、学会発表資料用の動画編集や院内動画管理など医療現場に必要な機能のみに絞り込み、低コスト・省スペースでの一元管理を実現します。各種権限の付与により、診療科や役職での閲覧・編集の制限も可能ですので、安全に管理できます。
[画像2: リンク ]

                       検索画面イメージ

【主な特長】
・手術一覧表示機能。サーバーで保存した動画・静止画を一覧表示可能。
・手術一覧絞込み機能。日付や患者ID、患者名などで条件を絞り込み、検索が容易。
・手術内の動画・静止画一括表示。一つの手術内で記録した複数の動画・静止画を時系列で一覧表示が可能。
・記録動画の早送り再生機能。
・動画簡易編集機能。
・動画内からの静止画書出し。
・動画ファイル自動圧縮・削除機能。
・マスター取り込み機能。電子カルテやオーダーシステムからの各種情報を取り込み可能。
 ※仕様は改善のために変更することがあります。

【動作環境】
[画像3: リンク ]

*記録装置の接続台数や環境により異なります。詳細については別途お問い合わせください。

【製品ウェブサイト】
SURGE ONE v2
リンク

メディカルビデオレコーダー UR-4MD
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]