logo

ウガンダ発のトラベルバッグブランド「RICCI EVERYDAY」「通販生活」にて新製品「アフリカンプリント・トートバッグ」を限定販売開始

株式会社RICCI EVERYDAY 2018年04月17日 11時01分
From PR TIMES

~ 母の日に向けた新製品"マームバッグ"も4月25日より発売 ~

ウガンダ発のブランド「RICCI EVERYDAY」(リッチー・エブリデイ)を展開する株式会社RICCI EVERYDAY(静岡県静岡市、代表取締役:仲本律枝、仲本千津)は、2018年4月16日(月)より、「通販生活」(株式会社カタログハウス)2018夏号において、リバーシブルトートバッグ「アフリカンプリント・トートバッグ」を限定発売いたします。また、母の日に向け、4月25日(水)より新製品「マーム・バッグ」の販売をスタートいたします。



[画像1: リンク ]

「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションの中からひときわカラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやトラベルグッズを展開しているブランドです。全国の大手百貨店やセレクトショップ、自社オンラインストアにて販売を行なっています。

今回、通販カタログ「通販生活」の出版を手がける株式会社カタログハウスおよび認定NPO法人テラ・ルネッサンスとの協働プロジェクトによる新製品「アフリカンプリント・トートバッグ」を、4月16日(月)に発売する「通販生活」2018夏号にて限定販売いたします。テラ・ルネッサンスは、2001年に「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」をミッションとし、「地雷」「小型武器」「子ども兵」「平和教育」という4つの課題に取り組む日本のNGO団体です。現在日本とウガンダを含め6カ国において活動を展開しており、ウガンダでは、元子ども兵の社会復帰プログラムの一貫として、洋裁や服飾デザイン等の職業訓練を実施しています。

バッグには、アフリカン・プリントの典型的な柄である「Nsubrua(水の波紋)」がプリントされた色鮮やかな布地、リバーシブルで使用できる内側には、アフリカの太陽をイメージした赤色の布地を使用しています。内側のポケットには、テラ・ルネッサンスでミシンの訓練をしている元子ども兵たちが訓練の一環で製作した、ウガンダの主食「マトケ(緑のバナナ)」の刺繍が施されています。本製品1つにつき、1万ウガンダシリング(日本円で約290円)が、「RICCI EVERYDAY」からテラ・ルネッサンスに寄付されます。

(詳細はこちら)リンク

また4月25日(水)より、母の日に向けた新製品「マーム・バッグ」の販売を大阪タカシマヤにてスタートいたします。フィリピン・セブ島の女性たちによるラフィアバッグを販売する、株式会社Sulci(スルシィ)とコラボレーションし、一つ一つ手編みされたラフィア地のかごバッグに、アフリカン・プリントの内袋が付いています。「マーム・バッグ」のコンセプトは、「世界中に点在するママ職人たちのコラボレーション」としており、今回はフィリピンでラフィアを編むママ職人と、ウガンダの工房で働くママ職人とのコラボレーションを実現いたしました。「マーム・バッグ」は、「RICCI EVERYDAY」および「スルシィ」公式オンラインストアのほか、以下のポップアップストアにおいて販売いたします。

■「RICCI EVERYDAY」ポップアップストア開催概要
[画像2: リンク ]


▷大阪タカシマヤ(大阪市中央区難波5-1-5)
2018年4月25日(水)~5月1日(火)午前午前10時00分~午後9時00分
※ 日・祝休日は午後8時00分まで
※ 仲本千津(娘)が毎日来店

▷ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅1-1-4)
2018年5月9日(水)~5月15日(火) 午前10時00分~午後8時00分
※ 仲本千津(娘)が9~12日、仲本律枝(母)が13~15日来店

▷新宿タカシマヤ(渋谷区千駄ヶ谷5-24-2)
2018年5月16日(水)~5月29日(火) 午前10時00分~午後8時00分
※ 金・土曜日は午後8時30分まで
※ 仲本千津(娘)が28~29日、仲本律枝(母)が16~18日及び28~29日(火)来店

▷西武渋谷店(渋谷区宇田川町21-1)
2018年5月29日(火)~6月4日(月) 午前10時00分~午後9時00分
※ 日・祝休日は午後8時00分まで
※ 仲本千津(娘)が毎日来店
[画像3: リンク ]



「RICCI EVERYDAY」共同代表者兼COO仲本千津が、2018年1月18日、総額100万ドルをかけた社会起業家たちの世界大会「CHIVAS VENTURE(シーバス・ベンチャー)」(主催:シーバスブラザーズ社)2018年度世界大会に出場する日本代表者として選出されたことに伴い、4月3日(火)より、オンライン一般投票を「CHIVAS VENTURE」公式ウェブサイト上にて実施いたします。仲本千津ほか26名の各国代表者には、オンライン一般投票と、5月24日(木)にアムステルダムにて開催されるファイナルピッチの結果により、総額100万ドルの基金が分配されます。オンライン一般投票では、総額100万ドルのうち20万ドルが、投票率に応じて分配されます。

■「CHIVAS VENTURE」2018年度世界大会 オンライン一般投票 開催概要
一般投票受付日時: 2018年4月4日(水)から4月25日(水)まで
一般投票参加方法: 「CHIVAS VENTURE」公式ウェブサイトにて受付
リンク
※投票はひとり1回まで可能。


■「RICCI EVERYDAY」について

・ブランド背景:“世の中に暮らす人々が、自らの才能を開花させながら、誇りを持って生きる世界を実現する”をミッションに、「アフリカの真珠」と呼ばれるウガンダに直営工房を設立して、現地の女性たちとものづくりを行っています。

「アフリカ」と聞くと紛争や貧困などネガティブなイメージを持つ方が多くいらっしゃいます。しかしアフリカは、ネガティブなことだけでなく、素晴らしい魅力にも溢れた場所です。アフリカの良さを知ってほしい、興味を持ってほしいという思いから、共同創立者である仲本千津は、ウガンダの首都カンパラに駐在した際に出会った女性たちと、日本で暮らす母とともに、斬新な柄と大胆な原色使いで見る人を魅了する「アフリカン・プリント」を日本の方に伝えるため「RICCI EVERYDAY」を立ち上げました。

「RICCI EVERYDAY」では、豊富なバリエーションの中からひときわカラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやトラベルグッズを企画・販売しています。価格帯は1万円前後で、30代の旅が好きで、ファッションにこだわりを持って生きる、感度の高い女性をターゲットに、全国の大手百貨店やセレクトショップ、オンラインストアにて販売しています。

・百貨店販売実績:静岡伊勢丹、伊勢丹新宿店、そごう・西武グループ、タカシマヤグループ、大丸札幌店、大阪あべのハルカス近鉄本店など

・ブランドサイトURL:リンク
・オンラインストアURL:リンク
[画像4: リンク ]


■RICCI EVERYDAY 共同創業者兼COO
Rebeccakello Ltd MD
仲本千津 プロフィール
[画像5: リンク ]


1984年静岡県生まれ。一橋大学院卒業後、邦銀で法人営業を経験。その後国際農業NGOに参画し、ウガンダの首都カンパラに駐在。その時に出会った女性たちと、そして日本に暮らす母と共に、カラフルでプレイフルなアフリカン・プリントを使用したバッグやトラベルグッズを企画・製造・販売する「RICCI EVERYDAY」を立ち上げる。

2015年に日本法人、2016年に現地法人及び直営店舗をカンパラ市にオープン。2016年11月に第一回日本アフリカ起業支援イニシアチブ最優秀賞受賞。2017年9月、第5回グローバル大賞(経済産業大臣賞)国際アントレプレナー賞最優秀賞を受賞。2018年1月、CHIVAS VENTURE(シーバスベンチャー)2018年度日本代表に選出。頭の中を巡るテーマは、「紛争を経験した地域が、過去を乗り越え、幸せを生み出し続ける場になるには、どうすればいいか」ということ。

■株式会社RICCI EVERYDAYについて
・会社名: 株式会社RICCI EVERYDAY
・代表者: 仲本 律枝
・所在地: 静岡県静岡市葵区安西1-57-7
・設立 : 2015年8月

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]