logo

未来の日本のフットボールを支える子どもたちを応援する『キャプテン翼』とのコラボレーションキャンペーンを発表!



[画像: リンク ]

国際サッカー連盟(FIFA)のオフィシャルパートナーであり、サッカー日本代表オフィシャルサプライヤーでもあるアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール・ハーディスティ)は、日本のフットボールのレベルアップを図るために、人気サッカーコミック『キャプテン翼』とのコラボレーション企画を実施し、全国のスーパースポーツゼビオの店頭を中心に展開してまいります。

3月に発表した第1弾コラボレーションに加え、未来の日本のフットボールを支える子どもたちを対象とした『キャプテン翼』との新たなキャンペーンを発表しました。『キャプテン翼』の登場キャラクターである大空翼、岬太郎のアディダスのスパイク着用の理由について特設WEBページと全国のスーパースポーツゼビオ・ヴィクトリア・タケダスポーツ・ネクサスの店頭で明らかになります。

『PREDATOR 18(プレデター 18)』
ボールコントロールを追求するプレーヤー向けのフランチャイズです。アディダスのフットボールスパイクの代名詞ともいえるアイコニックなプロダクト『PREDATOR(プレデター)』が、『ACE(エース)』で培ったテクノロジーによってさらなる進化を遂げ、ボールコントロール性を保ちながら軽量化を実現し、あらゆる場面に応じたコントロールプレーヤーのパフォーマンスに貢献します。特殊な編み上げのニットアッパーに熱圧着フィルムを施すことで、優れた足馴染みと軽量性を保ったまま、フィンアッパーの凹凸構造の実現に成功しました。アディダス契約選手ではポール・ポグバ選手のほか、メスト・エジル選手、宇佐美貴史選手、内田篤人選手、清武弘嗣選手、大空翼らが着用していることで注目を集めています。

『X 17(エックス 17)』
異次元のスピードで縦に斬りこむプレーヤー向けのフランチャイズです。スピードに必要な軽量性とボールグリップ性を兼ね備え、縦に斬りこむスピードプレーヤーのパフォーマンスに貢献します。NSG(ノンストップグリップ) 加工を施したテックフィットアッパーは、足全体を包み込むような装着感をもたらします。アディダス契約選手ではルイス・スアレス選手、ガレス・ベイル選手のほか、香川真司選手、酒井高徳選手、岬太郎らが着用していることで注目を集めています。

さらに、ゼビオグループでしか手に入れることのできない『キャプテン翼』デザインのノベルティキャンペーンを4月28日(土)より展開予定です。

- アディダスフットボールは、2018 FIFA ワールドカップ ロシアTMを通じてサッカー日本代表を応援するとともに、フットボールプレーヤーのクリエイティビティを賞賛し、日本のフットボールのレベルアップを図っていきます。-

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。