logo

風景写真家・星野佑佳氏が教える 『ニコン D850で撮る「新緑と残雪の月山」』 10名様限定の無料体験ツアーに協賛

株式会社ニコンイメージングジャパン 2018年04月16日 11時01分
From PR TIMES

株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代厚司、東京都港区)は、2018年5月8日(火)、9日(水)に株式会社風景写真出版が主催する「ニコン×隔月刊『風景写真』第8回特別撮影会」に協賛します。



[画像1: リンク ]


8回目を迎える今回は、『ニコン D850で撮る「新緑と残雪の月山」』というテーマで撮影会を実施します。日本を代表する風景写真家のひとりである星野佑佳氏を講師としてお招きし、ブナ林の新緑も眩しい山形県の月山の撮影を体験する1泊2日の撮影会です。
撮影会当日は、デジタル一眼レフカメラ「D850」、ならびに最新の各種ニッコールレンズをお貸出しいたします。

【講師プロフィール】
●星野佑佳(ほしのゆか)
京都市生まれ、京都市在住の写真家、フォトエッセイスト。
2000年の海外放浪の旅をきっかけに、帰国後は日本全国を旅しながら撮影。
2005年からは地元京都の風景や歳時記の撮影も手がけている。
フォトエッセイ集『撮り旅』(風景写真出版)好評発売中。

●「ニコン×隔月刊『風景写真』第8回特別撮影会」概要
開催日:2018年5月8日(火)、9日(水)
開催地域:山形県・月山
参加人数:限定10名(お申込み多数の場合は抽選となります)
参加費:無料
※現地集合・解散となるためマイカー、または公共交通機関をご利用ください。
(交通費は自己負担です)
※1泊3食付き、男女別の相部屋になります。

●応募方法 【※申込締切:2018年4月26日(木)24時まで】
参加ご希望の方は下記URLから詳細をご確認いただき、Eメールにてお申し込みください。
URL:リンク
抽選の上、参加決定の方には【5月2日(水)まで】に、編集部よりお電話にてご連絡いたします。
*参加決定のご連絡が期日までにない場合は、参加希望に添えなかった旨、ご了承ください。
*お預かりした個人情報は本撮影会以外には使用いたしません。

●お貸出し機種
デジタル一眼レフカメラ「D850」
新開発の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載し、有効画素数4575万画素という高画素ながら、ISO 64~25600の幅広い常用感度域(ISO 32相当までの減感、ISO 102400相当までの増感が可能)を実現。自然光下での最適なホワイトバランスが得られる、ホワイトバランス[自然光オート]、タッチ操作ができるチルト機構採用の画像モニターを搭載。
[画像2: リンク ]


■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。