logo

Holiday Swapが登場、シェアリングエコノミーで宿泊費が不要に

Holiday Swap 2018年04月12日 10時17分
From 共同通信PRワイヤー

Holiday Swapが登場、シェアリングエコノミーで宿泊費が不要に

AsiaNet 72972 (0620)

【ロンドン2018年4月12日PR Newswire=共同通信JBN】5年で世界196カ国のすべてを旅行した最年少記録保持者、ジェームス・アスキス氏(リンク )が創立したHoliday Swap(リンク )が、旅行の最大の経費の1つである宿泊費を削減する。

(Photo: リンク
(Photo: リンク

志向が似ている旅行者をマッチングするので、だれもがすぐに旅行のためのつながりや宿泊場所を確保することができる。その場所はあなたが所有する資産、家、あるいは部屋さえも使え、交換するスペースを所有している必要すらない。アスキス氏は「私はいつも、もっと旅行をしたいがそのための予算がなく、そして定期的に旅行するわけではない人からの問い合わせを受けている」と語った。

Holiday Swap のアイデアはこうして生まれた。このアプリによって、世界中の旅行者とビーチ・ビラやペントハウスから1室の部屋まで、なんでも一晩わずか1ドルで交換できる。すでに世界のテック大手の何社かはこれに目を付けており、アスキス氏はテクノロジーと旅行を融合することで、世界を経験する機会をより低いコストで提供したいと考えている。これにより、旅行者は宿泊費に費用をかけず、より多くの予算を様々な体験のため、あるいは航空運賃に使ってより遠くのデスティネーションに行くことができる。

アスキス氏は「将来を担うミレニアル世代は、より少ないコストでより多くを求める世代だ。テクノロジーの進展で、まさに世界的なシェアリング・コミュニティーが構築され、世界をもっと探求するために、当社の持つ資産を実際に使うことができる」と述べた。

Holiday Swapは、すでに「旅行への手掛かり」として知られ、Air BnBの主要ライバルとして話題になっており、50カ国に普及している。アスキス氏は、その理由はこのアプリがユーザーの手に力を取り戻すものだからと考えており、「単に旅行をうらやんだり既存ソーシャルメディアからの希望リストを増やすのではなく、当社は人々が現地を見るために行動してほしい。バーチャルなツアーガイドとして、自分のつながりを活用することもできる」と述べた。ロサンゼルスからシドニー、ブラジル、そして日本へと、Holiday Swap が旅行のやり方を変え、会員に約束された特別な賞品(無料航空券からウガンダのゴリラ・サファリまで)により、無料で休暇を楽しむようなこともあるかもしれない。すぐに始めるには、アプリに「FreeSwap」とコードを打ち込めば無料で利用できる。

リンク

ソース:Holiday Swap

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。