logo

Suningが2018年ボアオ・アジアフォーラムでスマートリテールがビジネスの未来を変革する方法を紹介

Suning 2018年04月11日 16時25分
From 共同通信PRワイヤー

Suningが2018年ボアオ・アジアフォーラムでスマートリテールがビジネスの未来を変革する方法を紹介

AsiaNet 73022 (0637)

【ボアオ(中国)2018年4月10日PR Newswire=共同通信JBN】中国のオムニチャネルのスマートリテーラー大手であるSuningは、2018年ボアオ・アジアフォーラム(Boao Forum for Asia(BFA))で、スマートリテールがいかに未来のビジネス開発を変革するかを明らかにした。フォーチュン・グローバル500社企業のSuning.comのオーナーであるSuningは4月9日、BFAの「Intelligent Industries Serving for Better Life」(より良い生活に役立つインテリジェント産業)と題するパネルセッションで、同社のリポートを発表した。同セッションではまた新しい2018年スマートリテール白書も公表された。

Photo - リンク
(キャプション:Suning.comのスン・ウェイミン副社長が基調講演者としてこのイベントに出席、スマートリテールのコンセプトと実務に関する知見を共有した)

中国南部の海南省の町ボアオで4月8-11日開催の今年のBFA年次総会のテーマは、「An Open and Innovative Asia for a World of Greater Prosperity」(さらなる繁栄世界のための開かれた革新的なアジア)である。中国の改革・開放40年を記念して、会議のキーワードは「改革」、「開放」、「革新」が強調された。ビジネスに関する限り、今日の技術主導の変革により、既にこれらのキーワードはリテール業界の最大の新興トレンドとなっている。

会議の講演でSuning.comのスン・ウェイミン副社長は次のように語った。
「スマートリテールの出現は、製品、物流、チェックアウトプロセスを含むすべてのリテール要因の自動データ処理が目的であり、よりインテリジェントなソーシング、販売およびサービスの達成、オムニチャネル、インターネット・オブ・シングス(IOT)、ビッグデータ分析、人工知能(AI)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)を含む応用技術革新が偏在することである。make-sell-consume(製造-販売-消費)の線形モデルは、experience-buy-make(経験-購入-製造)のそれに取って代わられるだろう。その中核となる目的は、消費者の満足度と業界の利益を拡大するためにより良い製品とサービスを継続的に提供し、消費の進歩という観点から人々のためにより良い生活体験を創造することである」

フォーラムで発表された「2018 ベターライフ-スマートリテール」白書は、Suning、Alibaba、JDなど業界大手のスマートリテールの実態に関する調査を特集している。この調査は、業界の将来のトレンド、予測、機会、課題の分析を共有し、消費者、企業、専門家、プロ向けに中国のスマートリテールのエコシステムを実証している。白書は、消費者によるより良い生活と質の高いショッピング体験の一層の追求はスマートリテールのさらなる発展の推進力となる一方、技術革新とすべての消費要因とシナリオを統合する能力が重要であると指摘している。

Photo - リンク
(キャプション:Suningの新規開店の実店舗「Ji Wu」は包括的な消費体験の機能を持っており、究極的なビューティー・オブ・ライフが市場によって受け入れられている。白書によると「これは、競争の厳しいeコマースに触発されたシナリオの中にあって、今日のオフラインのリテール事業を運営する方法の良い例である」としている)

27年以上の経験とさまざまな業界にわたる6億人の登録顧客を持つ先進的思考のO2O(オンラインツーオフライン)リテール企業として、Suningは新たな革新の機会に対応するためその独自の優位性を活用している。スマートリテール開発戦略に基づき、Suningは消費者の先進的な需要を満たすために、多くの革新的なビジネスプラクティスを提供している。これらには、Suning Cloud Store、Suning.com Direct-sales Store、Suning unmanned Biu store、Suning Ji Wu、SuFreshなどがある。Suningの戦略はまた、リテール業界の3Dプリンティング時代を先導するスマートソリューションを提供し、効率的なビジネス開発を推進する。今後3年以内にSuningにより1万5000のインターネット接続店舗が開設される予定で、同社は2020年までに総計2万店舗を運営する計画である。

▽Suningについて
1990年に創設されたSuningは中国の主要な商業企業の1つで、それぞれ中国と日本に上場企業2社を持っている。Suning Holdingは2017年、中国の民間企業トップ500社の2位にランクされ、年間売上高は657億米ドル(4129億5000万元)。「すべての人のためにエリートクオリティ・オブ・ライフを創造することにより業界全体のエコシステムを主導する」という使命をもって、SuningはSuning.com、Logistics、Financial Services、Technology、Real Estate、Media &Entertainment、Sports、Investmentの8つの垂直事業を通じコアビジネスを強化、拡大している。このうちSuning.comは、2017年フォーチュン・グローバル500社リストに入った。

詳細情報は、www.suningholdings.comを参照。

ソース:Suning

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]