logo

創業160年の老舗酒蔵「三宅本店」と「A MAN of ULTRA」が贈る ウルトラの父&ウルトラの母モチーフ スペシャルラベル「千福 ウルトラセット」 4月22日=良い夫婦の日発売

フィールズ株式会社 2018年04月10日 13時00分
From Digital PR Platform


 フィールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:繁松徹也、以下「フィールズ」)と株式会社円谷プロダクション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:塚越隆行、以下「円谷プロ」)が共同で展開するライセンスブランド『A MAN of ULTRA』(ア・マン・オブ・ウルトラ)と、株式会社三宅本店(本社所在地:広島県呉市、代表取締役社長:三宅清嗣)が製造する日本酒『千福(せんぷく)』とのコラボレーションが決定しました。「良い夫婦の日」にあたる2018年4月22日(日)より、ウルトラの父とウルトラの母をモチーフとした「千福 ウルトラセット」「千福 ウルトラプレミアムセット」が、西武池袋本店ならびに三宅本店直営店・ECサイトにて販売開始となります。
 4月22日(日)の販売に先駆け、4月19日(木)西武池袋本店にて先行販売と「良い夫婦の日」記念イベント『ウルトラの父・ウルトラの母握手会』を行います。

リンク


 本商品は、コラボレーションデザインのボトルに入った三宅本店の日本酒「千福」720mlボトル2本入りセット(純米大吟醸と大吟醸酒各1本ずつ、アルコール度数15.5度)です。
 「千福 ウルトラセット」(7,800円税別)は、従来の日本酒のイメージを打ち破るスタイリッシュなボトルデザインがプリントされています。
 「千福 プレミアムセット」(17,800円税別)は、ボトルに直接エッチングが施されます。1本1本、呉の匠がハンドメイドで仕上げ、ウルトラの星「M78 星雲」と三宅本店の頭文字の「M」、そして歴史(日本一の生産量を記録した1941年から78年目)にちなんだ「M78」の文字も加わる、まさにプレミアムなボトルです。
 「千福」は、1916年に当主の三宅清兵衛が母の名「フク」と妻の名「千登(ちと)」から一文字ずつつける形で生まれた三宅本店の日本酒です。大切な女性への感謝を忘れなかったその思いを1世紀以上にわたって受け継いでいます。1941年には日本一の生産量を記録し、今年はその記念すべき年から「78」年目にあたります。
 宇宙の平和と家族を守り続けるウルトラの父とウルトラの母のストーリーとともに、千福の物語も伝えていきたいという三宅本店の思いが込められた商品がここに誕生しました。


■商品概要

リンク

「千福 ウルトラセット」(7,800円税別)
発売日:2018年4月22日(日)

<内容量> 720ml×2本
<撰別> 特撰
<酒質> 純米大吟醸/大吟醸酒
<アルコール度数> 15.5度
<ボトルサイズ> 90mm×183mm×330mm
※赤はメタル、黒はフロストボトルとなります
<ケースサイズ> 105mm×193mm×350mm
※オリジナルポストカード同梱

リンク
「千福 ウルトラプレミアムセット」(17,800円税別)
発売日:2018年4月22日(日)

<内容量> 720ml×2本
<撰別> 特撰
<酒質> 純米大吟醸/大吟醸酒
<アルコール度数> 15.5度
<ボトルサイズ> 90mm×183mm×330mm
※赤はメタル、黒はフロストボトルとなります
<ケースサイズ> 105mm×193mm×350mm
※オリジナルポストカード同梱

※酒質はウルトラセット、ウルトラプレミアムセット同様です。
©A MAN of ULTRA



■販売場所
【百貨店・デパートでのご購入】
西武池袋本店
西武食品館地下1階(中央B6)=スイーツ&ギフト 酒売場
※4月19日(木)~24日(火)は、地下1階(中央B8)=光の時計口特設会場にて特別販売会を開催いたします。
東京都豊島区南池袋1丁目28−1  TEL:03-3981-0111
※順次、他百貨店・デパートに拡大する予定です。

【三宅本店直営店でのご購入】
ギャラリー三宅屋商店
広島県呉市本通7丁目7-1  TEL:0823-22-3838

【PCサイト・モバイルサイト等でのご購入】
三宅本店公式ECサイト「ギャラリー三宅屋商店」
リンク

※A MAN of ULTRA公式オンラインストアおよびポップアップショップでの販売はありません


◇良い夫婦の日記念「ウルトラの父・ウルトラの母」が西武池袋本店に登場
<お客様向けイベント>
「良い夫婦の日」を記念するイベントとして、特別販売会初日となる4月19日(木)11時~/14時~/17時~の3回、ウルトラの父、ウルトラの母が来場して握手会を実施します(各15分程度を予定)。



■『三宅本店』と『千福』について

リンク


 広島県呉市を本拠とする株式会社三宅本店は、2016年に創業160周年を迎えました。1941年には日本一の生産量(石数)を記録するなど、戦前は日本を代表する酒蔵として知られました。空襲により蔵が焼失する危機から立ち直り、戦後はサトウハチローさん作詞の「千福 一杯いかがです」のCMソングで知られました。
 主要ブランド「千福」は、2代目当主である初代三宅清兵衛が、母の名「フク」と妻の名「千登」から一文字ずつもらい、名づけられました。内助の功への感謝を示したものと伝えられています。「千福」ブランドも2016年に100周年を迎え、三宅本店では「百年 大事な女(ひと)を想い続けた酒」として、誇りあるその名前を受け継いでいます。
◇公式サイト:リンク



■『A MAN of ULTRA』 について
 『A MAN of ULTRA』とは、株式会社円谷プロダクションと親会社であるフィールズ株式会社が共同事業として展開する新しいコンセプチュアル・ライセンスブランドで、2015年から事業をスタートし、既に80社以上が参加しています。2016年には、2015年度に活躍したプロパティ(キャラクター&ブランド等)の中から国内最高のプロパティを決定する「Character & Brand of the Year 2016」において、「日本ブランド・ライセンス大賞 グランプリ」を受賞しました。
 ウルトラマンの生みの親である円谷プロは、「いつの時代も世の中に必要とされるヒーローを送り出したい」という願いのもと、約50年にわたり数々のウルトラマンシリーズをプロデュースしてきました。そして今、日々の生活の中からもヒーローを生み出したいという思いから、『A MAN of ULTRA』=「日常の世界にウルトラな男を創り出す」という新しいコンセプトを導き出しました。
 円谷プロが持つ膨大なアーカイブを活用しながら、キャラクターをリアルに表現しないという制約以外、自由にデザインすることができるというのが特徴です。キャラクターライセンスではなく、コンセプトを形にするという日本でも非常に珍しい「コンセプチュアル・ライセンス」です。
 日本のすべての男性に勇気を与え、「ウルトラな男になって欲しい!」、「ヒーローを見て育った大人たちにこれからは自分自身がヒーローになって欲しい!」、そのようなメッセージが届けられるよう、協業するすべての企業やブランドの皆様と『A MAN of ULTRA』を育てていきたいと考えています。
©A MAN of ULTRA ©TSUBURAYA PROD.

◇公式サイト&オンラインストア : リンク
◇公式Facebook : リンク
◇公式Twitter : リンク
◇公式Instagram : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]