logo

はてな開発のマンガビューワを新潮社が採用。「くらげバンチ」のサイトリニューアルとマネタイズを支援



株式会社はてな(代表取締役社長:栗栖義臣/本社所在地:京都市中京区)は、株式会社新潮社(代表取締役社長:佐藤隆信/本社所在地:東京都新宿区)が本日2018年4月6日(金)にリニューアルしたWebマンガサイト「くらげバンチ」に、当社開発のマンガビューワが採用され、提供を開始したことをお知らせします。リニューアルにあたり、当社ではマンガビューワ「GigaViewer」の提供とサイトデザインを担当しました。また、ビューワに掲載する広告の運用と販売にも取り組み、新潮社とともに「くらげバンチ」の広告マネタイズを推進してまいります。

▽ 「くらげバンチ」とは
「くらげバンチ」は、新潮社のバンチ編集部が運営するWebマンガサイトです。利用登録が不要で、すべてのマンガを無料で閲覧できます。
リンク

[画像: リンク ]


Webマンガサイトやマンガアプリを使って、ユーザーがマンガ作品(電子コミック)を閲覧する際に必要なソフトウェアが「ビューワ」です。ユーザーに快適な読書体験を提供するには、高品質なビューワが不可欠です。当社では「はてなブログ」や「はてなブックマーク」などの個人向けWebサービスの提供で培った技術力を活かし、Webサイトとしての魅力を引き出せるマンガビューワの開発に取り組み、2017年1月より「GigaViewer」の提供を開始しました。これまでに「少年ジャンプ+」「となりのヤングジャンプ」(株式会社集英社)、「マガジンポケット」「コミックDAYS」(株式会社講談社)のWeb版マンガビューワに採用されています。このたびの新潮社「くらげバンチ」での導入は、集英社・講談社に続き3社目・マンガサービスとしては5例目となります。

「GigaViewer」は、ユーザーが快適にマンガ作品を楽しめるよう、安定したマンガ表示スピードの実現、たて読み・よこ読み/右開き・左開きへの対応、既読管理などの各種機能を備えています。またサービス提供者の運用コストを削減する管理機能や、ユーザーへのマンガ作品販売を支援するストア機能なども充実させるなど、サービスの提供者と利用者の幅広いニーズに対応しています(※GigaViewerの特徴一覧参照)。

はてなでは、“「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにする”をコーポレートミッションとして、多くの方に楽しんでいただけるWebサービスの開発・提供に取り組んでまいりました。当社では今後も、「GigaViewer」の販売を通じてサービス提供者の運用コスト削減とマネタイズに取り組み、マンガ作品の権利を守るとともに、ユーザーが素晴らしいマンガ作品と出会えるサービスの開発と運用を支援してまいります。

※ GigaViewerの特徴一覧

PC・スマートフォンでの表示に対応
安定したマンガ表示スピード
回遊率の向上を意識した設計
たて読み・よこ読み(右開き・左開き)への対応
ウインドウサイズに合わせた拡大表示
作品に関連した情報やSNSでの反応の表示
Webからアプリのビューワを開く連携に対応
ブログパーツ化によって公式サイト他での表示運用にも対応
媒体に合わせた表示内容のカスタマイズ
作品の巻頭巻末へのリンクに対応
複数の作品を連続して読める、まとめ読み機能
GIF動画表示
最後に読んだページを覚えておく既読管理機能
雑誌の登録に対応
単行本の登録に対応
雑誌・単行本向け目次機能に対応
話ごとや単行本ごとに購入、雑誌の定期購読など、ストア機能に対応
ポイント購入システム
ログイン機能、ポイント残高や購読状況が分かるマイページ
購入した作品を一覧で表示(本棚機能の搭載)
決済代行会社とのつなぎこみ
販売レポート機能
単行本EPUBをもとに1話ごとに分割する機能
スマートフォンアプリへのAPI連携
EPUB・JPG形式対応
DRM対応
サービス収益化支援(はてなによる広告の運用・販売)


■ 株式会社はてな 概要
リンク
本社:京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル9F
東京オフィス:東京都港区南青山6-5-55 青山サンライトビル3F
代表取締役社長:栗栖義臣
設立:2001年7月
事業内容:
登録ユーザー数:約620万人・月間ユニークブラウザ数:約2.2億(※2017年7月実績)のコンテンツプラットフォームサービスを運営。代表的なサービスは国内最大級のソーシャルブックマークサービス『はてなブックマーク』や最新鋭のブログサービス『はてなブログ』など。
コンテンツプラットフォームサービスで培われた技術力やユーザーパワーを活かした様々なソリューション&サービスも提供中。オウンドメディア専用CMS『はてなブログMedia』、新世代のSaaS型サーバー監視サービス『Mackerel』、ページ単位でコンテンツ内容を判定・広告表示を適切にコントロールできるアドベリフィケーション『BrandSafe はてな』ほか。また、おもにコンテンツプラットフォームなどのWebサービスおよびアプリの共同開発事例も多数。

※記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。