logo

糖尿病による足のトラブルとフットケア-足は健康の源-

公益財団法人東京都医学総合研究所 2018年04月05日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2018年4月5日

公益財団法人 東京都医学総合研究所

平成30年度 都医学研都民講座(第2回) 
糖尿病による足のトラブルとフットケア-足は健康の源-
6月8日(金)開催

 今回は国立病院機構京都医療センター WHO糖尿病協力センター 
センター長 河野 茂夫 先生をお迎えし、当研究所の三五 一憲 副参事研究員とともに、
「糖尿病による足のトラブルとフットケア-足は健康の源-」と題しまして、
お話をさせていただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

1 日 時 
  平成30年6月8日(金曜日)
  午後2時30分~午後4時(開場は午後1時30分)

2 場 所 
  一橋講堂(神保町駅 徒歩4分、竹橋駅 徒歩4分)

3 演 題 
  「糖尿病足病変の発症メカニズム」
  東京都医学総合研究所 副参事研究員 三五 一憲
  糖尿病の経過とともに末梢神経や血流の障害が進行し、感染に対する
  抵抗力の低下なども加わって、足にさまざまなトラブルが生じます。
  その最悪のケースが壊疽(えそ:組織が腐る)で、足を切断しなければ
  いけなくなることもあります。研究者の立場から、糖尿病性神経障害に伴う
  足病変の進行メカニズムについて解説致します。

  「糖尿病から足を守る -フットケアの重要性-」
  国立病院機構京都医療センター WHO糖尿病協力センター長 河野 茂夫
  糖尿病による足のトラブル(しびれ、痛み、違和感、変形、潰瘍(かいよう)、
  壊疽(えそ)など)を有する患者さんが世界的に増加してきています。それらの
  症状が起こる原因は神経障害や血流障害などさまざまです。家庭でできる足の
  簡単なチェックの方法と症状の予防と解決方法(フットケア)についてお話します。

4 参 加 定員500名(事前申込後抽選)  参加費無料

5 申 込   
  往復はがき又はメールでお申し込みください(1通につき2名まで)。
  往復はがきは、住所、氏名(フリガナ)、電話番号、2名希望の場合は同伴者氏名
 及び「第2回都民講座(6月8日)」と記入の上、お申し込みください。
  返信用はがき表面にも郵便番号・住所・氏名を必ず記入してください。
  メールは、件名を「第2回都民講座申込」とし、氏名、電話番号及び2名希望の
 場合は同伴者氏名を記入の上、申込専用アドレス(tomin@igakuken.or.jp)まで
 お申し込みください。
  締切は5月21日(月曜日)(往復はがき:消印有効、メール:必着)
 【申込先】〒156-8506 東京都世田谷区上北沢2-1-6
 (公財)東京都医学総合研究所 普及広報係 宛
 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]