logo

電通、「SDGsに関する生活者調査」を実施

株式会社電通 2018年04月04日 15時15分
From 共同通信PRワイヤー

2018年4月4日

株式会社 電 通

電通、「SDGsに関する生活者調査」を実施
― SDGsの認知度自体は低いが、理解が進めばアクションを起こさせる力がある ―

  株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)において全社横断でSDGs※に関するプロジェクトを推進する「team SDGs」は、全国10~70代の男女計1,400名を対象に、SDGsに関する「認知・理解」「興味・関心」「SDGs認知者のプロフィール」「情報接触経路」についての現状を把握するため、「SDGsに関する生活者調査」(以下「本調査」)を実施しました。
  
  今後当社は、本調査結果をもとに、SDGsのさらなる浸透に向けて顧客企業へ情報提供を行っていくとともに、多様な企業団体との協働でSDGs関連のビジネス開発を推進していきます。

 本調査から得られた主なファインディングスは次の3点です。


1.SDGsの認知度は14.8%。認知度自体はまだ低いものの、SDGs の17の目標テーマを提示した上での共感度の平均は73.1%と高く、理解が進めば今後のアクションにつながっていく可能性がある。

2.SDGsの17の目標テーマの中で、共感を呼ぶテーマ、企業に期待するテーマ、個人的に取り組みたいテーマは異なる。
①「水」「海」のテーマ           ⇒ 共感を呼ぶ傾向
②「水」「エネルギー」「海」のテーマ        ⇒ 企業に期待する傾向
③「健康」「つくる責任、つかう責任」「水」のテーマ ⇒ 個人的に取り組みたい傾向

3.SDGsの認知者は情報感度・年収とも高く、新しい製品などを積極的に生活に取り入れている。





【本件に関する問い合わせ先】
 株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部
        渓、竹村 TEL:03-6216-8041

【本調査に関する問い合わせ先】
   株式会社電通 team SDGs
 Email:team-sdgs@dentsu.co.jp


※SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193カ国が2016~30年の15年間で達成するために掲げた目標。世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットからなる。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]