logo

大手前大学が日本初となる「国際看護学部」(仮称)の設置認可を申請 -- 2019年4月開設予定

大手前大学 2018年04月02日 20時05分
From Digital PR Platform




大手前大学(兵庫県西宮市)は2019年4月、国際看護学部(仮称)の開設を予定している。従来より取り入れて実績を重ねている「実践英語」教育を活かし、定住外国人、訪日外国人ら多様な人々に対応できる看護師の養成をめざす。2018年3月20日には文部科学省に設置認可申請書類を提出しており、認可が下りれば日本初の「国際看護学部」となる。




 近年、訪日客の増加に伴い、滞在中の外国人が予期せぬ病気や怪我に見舞われるケースも増えている。定住者を含めた外国人に対する医療体制の強化は、今後さらに検討が必要な課題となってくる。
 そのため、これからの看護・医療を担うためには、国籍や言語、文化、宗教などの多様性を理解・受容できる、国際的な視点を持つことが不可欠となる。
 国際看護学部は、実績ある講師陣と大手前大学が誇るリベラルアーツや実践英語教育によって、そうした「グローバル人材」としての看護師を育成することを目的として設置される。

■高校教員らに大手前独自の学びを解説

 3月27日に、高等学校の教員ら外部関係者を対象とした説明会を実施。当日は、大橋一友氏(大阪大学医学部保健学科教授、大手前大学客員教授)が「進化する大手前大学の看護教育イノベーション」と題した講演で、同大独自の看護への取り組みについてプレゼンテーションを行った。
 また、鈴井江三子氏(大手前大学新学部設置準備室長・教授)が、講演「国際化する日本社会と看護の役割―国際看護学部における教育の特徴―」を行い、日本の看護・看護学教育の現状等について解説した。

※国際看護学部(仮称)開設については、予定であり変更になる場合があります。

<大手前大学国際看護学部特設サイト>
リンク


▼本件に関する問い合わせ先
大手前大学/大手前短期大学 アドミッションズ オフィス 学園広報  
藤本 ・ 山本
住所:西宮市御茶家所町6-42
TEL:0798-36-2532
FAX:0798-23-4865


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。