logo

「クラウドの登場によるLinuxディストリビューションの市場シェアの変化」が公開

吉政忠志氏連載コラムOSS千里眼

株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー(代表取締役 鵜川徹、本社所在地 東京都千代田区、以下、DHT)は吉政忠志氏連載コラムOSS千里眼「クラウドの登場によるLinuxディストリビューションの市場シェアの変化」が公開されました。

###
UbuntuというLinuxをご存知でしょうか?
Linuxの情報をある程度追いかけている人でしたら、ご存知のLinuxディストリビューションになります。このUbuntuは最近シェアを伸ばしているOSになります。

10年前のサーバOS市場シェアでは、Windowsシェア45%、Unixシェア30%でしたが、今はLinuxが96.6%でWindowsが1.7%になったというデータすら出てきています。それくらい、Linuxはシェアを伸ばしました。

興味がある方は「Linux シェア」で検索してみてください。いろいろなデータが出てきますが、いずれもLinuxのシェアが高いものになっています。

そして、Linuxサーバのディストリビューション・シェアは2017年8月現在で、Ubuntuが37.2%、Debianが31.2%となりました。詳しくは以下の調査データを見てみてください。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]