logo

アプストラ社、2018年OCPサミットのマルチベンダー・オープンソースショーケースにて、インテント型ネットワーキングターンキーソリューションをSONiC向けにデモ

Apstra, Inc. 2018年03月22日 12時01分
From PR TIMES

アプストラ社AOSが、マルチベンダー・エンタープライズ・データセンターのためのオープンソースネットワーキングの俊敏性、信頼性、簡潔性をSONiCで展示

インテント型ネットワーキングの先駆者であるApstra(R)は、本日、マルチベンダー対応インテント型ネットワーキングデータセンターソリューションの一環として、メラノックス社スイッチ上で動作するSONiCをサポートするApstra AOS(R)のデモを発表いたしました。

国内発表日:2018年3月22日
<<報道資料>>
Apstra, Inc.

アプストラ社、2018年OCPサミットのマルチベンダー・オープンソースショーケースにて、インテント型ネットワーキングターンキーソリューションをSONiC向けにデモ

アプストラ社AOSが、マルチベンダー・エンタープライズ・データセンターのためのオープンソースネットワーキングの俊敏性、信頼性、簡潔性をSONiCで展示

オープン・コンピュート・サミット 2018 - カリフォルニア州サンノゼ市 – 2018年3月20日 –インテント型ネットワーキングの先駆者であるApstra(R)は、本日、マルチベンダー対応インテント型ネットワーキングデータセンターソリューションの一環として、メラノックス社スイッチ上で動作するSONiCをサポートするApstra AOS(R)のデモを発表いたしました。

「アプストラ社はネットワークの分離(ディスアグリゲーション)を信じている企業で、ハードウエアに依存しない基盤運用の大幅な自動化を実現するターンキーソリューションの提供をミッションとしています。そのためにも、お客様からの要求に応じてハードウエアと互換性を持つ新たなネットワークOSを常に追加・拡充しています。」とアプストラ社創業者兼CEOのマンサー・カラムは語ります。「本日のこのOCPサミット2018にて、AOSのSONiC展開事例をデモしています。SONiCはマイクロソフトが率いるコンテナ型クラウドネットワーキングスタックのオープンソースソリューションで、メラノックスハードウエア上に弊社のマルチベンダー対応インテント型ネットワーキングソリューションであるAOSを展開したいお客様からの要望が増えています。」

●業界からのコメント:

マイクロソフト – ヨーセフ・カリディ、アジュールネットワーキング、バイスプレジデント
「SONiCエコシステムの成長にアプストラ社が重要な役割を果たしてくれることを嬉しく思っています。アプストラ社のネットワーキングソリューションは、我々のお客様が持つ自動化やアナリティクスに対するニーズに対応し、エンタープライズデータセンター構築においてSONiCがもたらすメリットを増強してくれます。」

リンクドイン- ショーン・ザンディ、主席アーキテクト 兼 SONiCコミュニティマネージャ
「SONiCに対するお客様の需要が伸びている中、アプストラ社の自動化とアナリティクスに対するターンキーソリューションは、エンタープライズ/サービスプロバイダーのデータセンター構築におけるSONiCの関連性、容易性、信頼性を実証してくれます。」

メラノックス- ケビン・ディーエルリング、マーケティング担当バイスプレジデント
「メラノックス社は、革新的な分離型ネットワークを支援し、カスタマに対する俊敏性、コスト削減、性能向上、互換性の提供にコミットしています。アプストラ社は、弊社のソリューションがもたらす価値をデモし、オープンネットワーキングにおける「いいとこ取り」のテクノロジーであることを実証しています。」

3月27日に開催されるウェビナー(リンク)では、なぜヤフー株式会社様 がそのマルチベンター対応インテント型ネットワーキングにアプストラを選定されたのかをご説明しております。 3月20-21日開催OCPサミット、ブースC11 やオーランドのシスコライブ、ブース#1055 (リンク)にも出展しておりますので、ぜひ個別面談をお申込みください。また、4月25日にはメラノックス社とウェビナーを開催します。

●AOS
AOS(R) はインテント(意図)型のターンキーオペレーティングシステムであり、これまでにないネットワークサービスのスピードや可用性の向上、基盤TCOの大幅な削減を提供するデータセンター向けアプリケーションスイートでもあります。AOSはネットワーク障害を自動的に回避、修復できるため、基盤可用性が大幅に向上します。AOSはネットワークを一つのシステムとして運用するため、基盤の敏捷性が顕著に向上するのみならず、同時に運用コストの削減も達成いたします。AOSの分散型データストアはインテント、コンフィギュレーション、テレメトリ状態を全て保存しているリポジトリですので、ネットワークの真の姿を表わすソース(情報源)としてご利用頂けます。しかも自己文書化機能によりコンプライアンスに関わる作業も合理化できます。AOSはハードウエアに中立で、主要ベンダーのハードウエアには全て対応しているのみならず、オープンオルタナティブにもご利用頂けます。

●Apstra, Inc.について
Apstra(R)はインテント型ネットワーキングとデータセンターネットワークの構築・運用をシンプル化するインテント型アナリティクス(Intent-Based Analytics™ )の先駆者です。AOS(R)の自律型Self-Operating Network™ により事業の敏捷性が向上し、設備投資、運用コスト、および容量が対数尺度で向上いたします。AOSはハードウエアに中立な、クローズループのインテント型分散OSでネットワーク運用のライフサイクル全般に渡って自動化を実現し、ネットワーク自身によるコンフィギュレーション設定、故障修復、自己防衛を可能にします。Apstraはカリフォルニア州メンロパーク市に本社を構える非上場企業です。

www.apstra.com
リンク
リンク

Apstra, AOS, the Apstra and AOS logos are registered trademarks of Apstra, Inc., Self-Operating Network and Intent-Based Analytics are trademarks of Apstra Inc., and other trademarks referenced herein are the property of their respective owners.

●Apstra社お問い合わせ先:
米国担当:Mari Mineta Clapp
mari@apstra.com
@MariMinetaClapp
+1 (408) 398-6433

日本担当:田中克和
Japan@apstra.com
+81-90-7265-2571

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]