logo

京王プラザホテル フィーチャー100 Vol.24~おもてなしの裏側にある、ちょっといい話~

株式会社京王プラザホテル 2018年03月15日 10時00分
From Digital PR Platform


リンク


京王プラザホテル(東京:西新宿)は、2021年に開業50周年を迎えます。そこで、世界各国からお客様をお迎えし、心に寄り添うサービスを提供するホテルとして私たちのおもてなしに秘められたエピソードを100回シリーズでお届けしてまいります。

■ VOL.24 伝統と革新で守り続ける、中国料理〈南園〉の味
1971年、京王プラザホテル開業とともにオープンした本館2階の中国料理〈南園〉。
まだ日本に“広東料理”という概念も薄かった時代、その斬新な調理法や素材の独特の活かし方、上品で滋味深い美味しさは 衆目を集めることとなり、中国料理の新しいスタイルがここで作り出されました。その歴史をすべて知るのが料理人としての一歩を〈南園〉で踏み出した、現在の南園総料理長 李国超です。仕込み担当の下積みからスタートし、周富徳氏や譚彦彬氏など名料理人たちと厨房を共にしながら修業を重ねた若き日。歴代の先輩たちからは、料理センスや料理に対する厳しさを学んだと言います。多勢の厨房スタッフを束ねながら指揮をとる今、「質の高い素材選びと手間をかけることがこだわり」と受け継いできた伝統を大切にする一方で、本場香港で流行している調理法をタイムリーに取り入れるなど、お客様に喜んでいただける新しさも大事にしながら、李が大切に守ってきた<南園>の味。その卓越した料理技能と功績が認められ2011年には「現代の名工」を、さらに2014年には「黄綬褒章」を受章しました。開業以来〈南園〉一筋の料理人、李国超。今日も厨房に立ちながら、新たな歴史1ページを紡いでいます。


リンク




■本件に関するお問合わせ先

株式会社京王プラザホテル
営業戦略室 企画広報  斎藤 潤子・ 大塚 智生・小田 力・石川 綾子
〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1
TEL:03-5322-8010
リンク

■関連リンク
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]