logo

GMOクリック証券:2018年2月CFD売買代金ランキングを発表

GMOフィナンシャルホールディングス株式会社 2018年03月13日 17時30分
From PR TIMES

 GMOインターネットグループのGMOクリック証券株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鬼頭 弘泰、以下:当社)は、2018年2月の当社CFD売買代金ランキングを発表いたします。



[画像1: リンク ]

 総合ランキングは、「米国30」が首位となり、「日本225」「原油」が続きました。バラエティCFDランキングでは、「米国VI」が首位となりました。外国株CFDランキングは、2月中旬に時価総額が米マイクロソフトを抜いて世界3位となったことが話題となった「Amazon」が首位となりました。

■当社CFD取引銘柄の売買代金ランキングは以下のとおりです。

[画像2: リンク ]

 過去のランキングについては、下記をご覧ください。

 ≪CFD売買代金ランキングページ≫
 リンク
 
 当社は、今後も業界最安値水準の手数料体系を維持するとともに、お客様の多様なニーズにもお応えし、総合的な金融サービスをご提供できるよう取扱商品の充実に取り組みます。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進してまいります。


≪GMOクリック証券公式Facebookページ≫
リンク

GMOクリック証券株式会社 会社概要
会社名   GMOクリック証券株式会社 < リンク >
所在地   東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
代表者   代表取締役社長 鬼頭 弘泰
事業内容  金融商品取引法に基づく金融商品取引業
資本金   43億4,666万3,925円

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]