logo

パッケージや販促物の持続可能な調達とコスト削減を実現するアルタヴィアの提案するヨーロッパの最新のカラーマネージメント・ソリューション

フランス大使館にてプライベートセミナー・交流会を開催 2018年3月6日(木) セミナー 14:30~、交流会16:15~ 場所:フランス大使館

印刷物やメディアのカラーマネージメント手法は、欧米と日本の間で大きな違いがあります。アルタヴィアは、日本の企業のみなさまに、効率的で且つ持続可能な調達を実現する最先端のカラーマネージメントを提案しています。
アルタヴィアはセールスプロモーションに特化したフランスの独立系広告代理店です。2014年には、日本支社、アルタヴィア・ジャパン株式会社を設立しました。その事業のひとつとして、主にグローバル企業向けに商品や販促物の色管理(カラーマネージメント)サービスを展開しています。
日本では、印刷物を制作するにあたって、品質にこだわる企業ほど校正に時間をかけ、印刷会社や広告会社と本紙校正による目視での色チェックを採用している場合が多いのではないでしょうか。この方式では大型の機械を稼働させ、大量の紙を使うこともめずらしくありません。また、グローバルにブランド展開をしている企業においては、展開するすべての国で商品や販促物の色を管理すること、また企業として持続可能な調達が課題の一つになっています。
アルタヴィアでは、日本でのカラーマネージメントサービスを強化するにあたり、フランス本社からHervé LYAUDET氏が来日し、“印刷物の最先端カラーマネージメントと働き方改革”と題した企業向けセミナーを開催します。
本セミナーでは、ドイツのグラフィック・アート研究・認証機関FOGRAのメンバーでもあるアルタヴィア・グループが欧米のグローバル企業が実践する最新のカラーマネージメント手法を日本企業のみなさまにご紹介します。
単に欧米の手法をご紹介するだけではなく、実際にスペシャリストとともに日本の現場で実証した新しいワークフローによる具体的な校正プロセスの効率化、印刷工程におけるCO2削減、そしてコストの最適化事例についてもご覧いただきます。
※またセミナー当日以外でも、個別の面談を3月末まで申し受けております。contact.jp@altavia-group.comまで【カラーマネジメント相談申し込み】と記載の上、メールにてご連絡ください。

欧米のグローバル企業では、コスト管理やガバナンス、ブランドイメージの統一、グローバルCSR戦略などの理由から、各支社において個別に調達しているケースは少なく、持続可能な調達を可能にするグローバル・サプライヤーとのパートナーシップを強める傾向がますます強まっています。アルタヴィアは全世界27カ国に拠点をもち、2008年より加入しているグローバル・コンパクトの原則に基づき、企業とその環境の進歩の鍵を握る構造的、永続的、統合的な取り組みをグループ成長戦略の要としています。

アルタヴィアは、CSRに対する意識の高い欧米企業から選ばれています。

これまであまり日本で注目されていなかったカラーマネージメントの手法を刷新することで、従来の本紙校正で消費される大量の紙や機械の動力、手間を省くことが可能になります。これは企業の持続可能な調達を実現し、今注目されている「働き方改革」に貢献することができます。


このプレスリリースに関するお問い合わせ先
フランス大使館 貿易投資庁-ビジネスフランス 東京事務所
Presse.JP@businessfrance.fr

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]