logo

オンラインPython学習サービス「PyQ」が機械学習を学べる新コースを発表

~ライブラリ「scikit-learn」を実際に動かし学ぶ 「仕事で使う」為の機械学習中級コース~

国内Pythonトップベンダーである株式会社ビープラウド(代表取締役社長 佐藤治夫、本社所在地:東京都渋谷区、以下「ビープラウド」)は、オンラインPython学習サービス「PyQ(パイキュー)」に「機械学習中級」コースを2018年3月5日より正式リリースします。

■PyQ「機械学習中級コース」のリリースの背景
機械学習(Machine Leaning)は人口知能(AI)技術の中核となる分野で、現在大きな注目を集めています。機械学習の2015年の国内市場規模は3兆7450億円で、2030年には約88兆円の市場規模へ成長するとも予測されています。こうした市場の隆盛を受け、技術者の機械学習への学習意欲も大変高まっています。PyQサービス内でも機械学習への需要は増加しており、現在、目的を持ってPyQを学習しているユーザーの約4割が「機械学習を学びたい」という動機で初級コースを受講しています。こうした期待に応え、この度機械学習中級コースをリリースしました。

■PyQ「機械学習中級コース」について
現在PyQで提供されている機械学習初級コースは、機械学習がどんなものかを知り、実務のイメージを形成するものです。そこから一歩踏み込んだ新コースは、具体的に実務で使われる処理を学習し、仕事で機械学習を使う事を目的としたコースです。概要は以下の通りです。
●対象者:機械学習を仕事で使い始めたい方。
●学習目標:オープンソースの機械学習ライブラリ「scikit-learn」でできることを中心に、初級よりも網羅的に、体系的に学びます。
●カリキュラム概要:以下の項目を新規に学べます。
○クラスタリング(K-means法)
○次元削減(主成分分析)
○モデル選択(決定木の良いモデルとは)
●料 金:
○ライトプラン 2,980円/月(機械学習を含む全カリキュラムを受講可能)
○スタンダードプラン 7,980円/月(ライトプラン+Python学習サポート)
 ※機械学習コースの詳細は以下のURLをご覧ください。
リンク

■一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事 吉政忠志氏のコメント
「Python 3 エンジニア認定基礎試験の参考教材である『PyQ』が機械学習の中級コースを発表されたことを歓迎いたします。Pythonは機械学習の分野でも急激に普及しており、国内トップクラスの受講者数を持つ『PyQ』が機械学習のコースラインアップを増やされたことで、一層のPythonエンジニアの育成につながるのではないかと考えています。」

■オンラインPython学習サービス「PyQ」の特徴
「PyQ」は、ブラウザのみで実際にPythonの動く環境を使って学習できるオンライン学習サービスで、現役のプログラマーが作成・運用する実践型のカリキュラムが特徴です。機械学習を含めた全てのコース(Python基本/Django/スクレイピング/データ処理など)を月額2980円(ライトプラン)から受講できます。月額7,980円のスタンダードプランでは、実務でPythonを使用するプログラマーによる、Python学習サポートを受けられます。

◆オンラインPython学習サービス「PyQ(パイキュー)」について
●名称:PyQ(パイキュー)
●サポート環境:PC(macOS/Windows)
●サポートブラウザ:Firefox/Chrome
●料 金:
○ライトプラン 2,980円/月(機械学習を含む全カリキュラムを受講可能)
○スタンダードプラン 7,980円/月(ライトプラン+Python学習サポート)
●URL:リンク

関連情報
http://pyq.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]