logo

30代~40代女性に聞いた<ケータイ料金の見直しに関する本音調査>レポート

KDDI株式会社 2018年03月05日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2018年3月5日

KDDI株式会社

30代~40代女性に聞いた<ケータイ料金の見直しに関する本音調査>レポート
『通信費はかかって仕方のない費用と諦めている』『「そもそも料金について、人と話したことがない』
~料金見直しに関心があるものの、心理的ハードルが高い傾向~

KDDI/auは「ケータイ料金の見直しに関する本音調査」ならびに「座談会」を実施しました。「通信費は高いけれど実際何が高いかよくわからない」「高いと思うけど、難しそうで何もしていない」等と感じられたことがある方も多いのではないでしょうか。でもなかなか話題にすることもないので人と比較できない。そんな実態が浮き彫りになりました。
本調査では、多くの女性が課題を抱えている実態が浮き彫りになりました。ライフスタイルの分岐点を迎える30代~40代の女性の実態を知るために、利用中のキャリアを問わず約200名を対象に実施しました。座談会での生の声と併せて、料金見直しの心理的なハードルが具体的にどのような所にあるのか、結果をもとに検証していきます。
※以下は調査結果の一部です。すべてのアンケート結果は、掲載ご希望のメディア様から連絡をいただけました際に、共有させていただきます

◆料金の見直しについての30代~40代女性の生の声◆

【画像: リンク


Q:料金の満足度はどれくらい?
月々の料金に「満足している」「やや満足している」と答えたのは、全体の2割にも満たず、一方で「満足していない」「やや満足していない」と不満をあらわした人が半数以上でした。





【画像: リンク


Q:料金プランを見直したいと考えたことは?料金の見直しをしない理由、教えてください。
毎月の使用料の満足度にかかわらず、見直しを考えたことがある人が6割以上。その半面で見直していない人も多い模様。その理由第1位は「面倒」、第2位は「プラン等が複雑でわからない」と、見直したいが具体的なアクションまでのハードルが高く、実際に見直しができていない方が多い傾向が見えました。



【画像: リンク






上記以外にも、使用料金の内訳やデータ容量の利用状況など、質問をおこなっています。「座談会」と「WEB調査」の実施を通じ、30代~40代女性ならではのスマホに関するさまざまな悩み、不安を調査しました。

そこで見えてきたのは「スマホに苦手意識があり、使いこなせていない気がする。料金プランを見直したくて調べても、プランの内容がわかりにくい。不明点を問い合わせようと思っても、スマホ全般に苦手意識があるため、ショップやコールセンターに連絡するのを諦めてしまう」というリアルな声でした。
つまり、女性がひとりで変更を決められて、ショップでも簡単な質問で済むような「わかりやすいプラン」が求められているのが現状です。

すべてのアンケート、および分析結果にご興味のある方はKDDI広報部(03-6678-0690)までお問い合わせください。ぜひ皆さまに全アンケートをご覧いただき、スマホ利用で悩める女性たちの声をお届けしたいと考えています。

<座談会実施概要>
2017年11月28日/KDDI本社ビルにて、お昼の部と夜の部の2回に分けて、女性のみのメンバーで座談会を開催しました。※ご出席の方の利用中のケータイキャリアはauに限りません

昼の部に出席された方々
A・Oさん(42歳)神奈川県在住/自由業(既婚)
A・Mさん(40歳)東京都在住/自由業(既婚)
A・Tさん(39歳)東京都在住/自由業(未婚)
M・Dさん(39歳)東京都在住/専業主婦(既婚)
Y・Tさん(35歳)東京都在住/会社員(既婚)

夜の部に出席された方々
K・Kさん(47歳)東京都在住/自営業(未婚)
M・Yさん(47歳)東京都在住/会社員(未婚)
R・Yさん(39歳)東京都在住/会社員(既婚)
T・Mさん(35歳)東京都在住/会社員(未婚)
A・Yさん(34歳)東京都在住/自営業(未婚)

<WEB調査実施概要>
座談会を通じて皆さまから出てきた、スマホ利用の際に感じている生声をジャンルごとに分け、
2018年1月8日~10日、アンケートサイト「Questant」にて128人の女性(全国)を対象に「料金プランの認知調査」をおこないました。

◆料金の見直しについての生声
auでは使ったデータ容量に応じて自動で料金が変動する新しい料金プラン「ピタットプラン」を発表しました。料金の見直しが難しいと感じている方、自分にピッタリな料金プランが分からないと感じている方に最適なプランですが、実際皆さまに届いているのでしょうか。また、見直しにお役立ちできているのでしょうか。

◆データ容量(GB)についての生声
料金の話をお聞きしている最中に、何度も話題になったのが「容量不足」について。なぜ、容量不足になってしまうのかについても実態が詳しくヒアリングできました。

◆通信キャリアのサービスについての生声
料金のことも含め、困っていてもショップに足を運んだり、コールセンターに連絡したり、ネットのマイページに接続したりと、アクションに移すにはハードルが高いようです。

◆そのほかの生声
座談会が進むうちに「そもそも、スマホに関することすべて苦手」という本音が続きました。


※出版・印刷物、およびWEB媒体へ本データを転載する際には、“au/KDDI「ケータイ料金の見直しに関する本音調査」調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。
以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]