logo

「地域×学生」による写真展をイオンモール多摩平の森で開催 ~わくわく・まったり、2つの目線でまちの魅力紹介~

実践女子大学 2018年03月05日 14時05分
From Digital PR Platform




実践女子大学(東京都日野市、学長 城島栄一郎)の学生が、住民自ら地域の良さを発見するまちあるきツアー「ブランニング!!!」写真展を、日野市民とともに行います。




実践女子大学と地域連携を行う日野市では、市民による創造的なコミュニティづくりに力を入れています。その施策の一環として、住民が主体的に地域課題を定めて、その解決のために動き出す「アクションプラン」を推進しています。日野市「二中地区」のアクションプランでは、「ブランニング!!!」と題して「まちを知る愉快な市民とともに歩くぶらぶらまち歩き」を行い、地域の魅力を再発見して新旧住民の交流の輪を広げる試みを実施しています。
 実践女子大学生活科学部現代生活学科は、地域自立型社会づくりの教育の一環として、二中地区アクションプランに参画し、これまで、地域の魅力を「わくわく」「まったり」の2つの視点で紹介する「ブランニングマップ」の作成や実践女子大生企画の「ブランニング!!!」ツアーなどを行ってきました。
 この度の写真展では、「ブランニングマップ」をもとに、平成29年度に行った市民による「ブランニング!!!」の様子を、楽しく愉快に紹介します。自分たちが住んでいるまちの良さに気づき、関心を持つ仲間を増やし、地域のつながりを作り出していくことがねらいです。市民と学生と行政が一体となって、展示、運営方法などを話し合い、手作りの展示を行います。住みやすいまちを自らの手で作っていきたいという市民の思いが詰まった写真展です。

<わくわく・まったり~豊田の魅力写真展(東京都日野市)>
(日時)2018年3月6日(火)~12日(月) 10:00~22:00
(会場)イオンモール多摩平の森 2階
(主催)二中地区ブランニング!!!(二中地区アクションプラン実行委員会) 
(概要)JR中央線豊田駅を境に北と南で、地形・歴史・まちなみの違いが魅力の、日野市豊田周辺の写真展。市民、実践女子大生がブラブラ歩いてわかった魅力を写真で紹介する写真展。
(備考)入場無料、事前申込不要

問い合わせ先担当者
(1) 実践女子大学 担当:現代生活学科教授 須賀由紀子 
    TEL:042-843-1218 FAX:042-843-1286  
(2) 日野市「二中地区」アクションプランと実践女子大学との連携
    日野市企画部地域協働課 担当:熊澤、大村 TEL:042-581-4112
▼本件取材に関する問い合わせ先
  実践女子大学 企画広報部/林・西野 TEL:042-585-8804 koho-ml@jissen.ac.jp



【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]