logo

自動車、家電、家具、雑貨から福祉や災害などの社会問題まで。「人」の周りにあるモノのデザインを行うプロダクトデザイン専攻の卒業制作展を横浜で開催 -- 多摩美術大学

多摩美術大学 2018年03月03日 08時05分
From Digital PR Platform




多摩美術大学(東京都八王子市/世田谷区、学長・建畠晢)プロダクトデザイン専攻の卒業・修了制作展を3月2日(金)から4日(日)まで横浜・BankART Studio NYKにて開催。69名の学生・院生がモックアップ、写真、説明パネルなどを駆使し、それぞれが考えるプロダクトデザインを集大成としてプレゼンテーションする。




 多摩美術大学では、学生生活の集大成を発表する卒業制作展が、各学科ごとあるいは個人・グループによって都内や神奈川などキャンパス外のアートスペース各所で開催されている。3月2日(金)から4日(日)には、プロダクトデザイン専攻卒業・修了制作展2018''What's up?''を横浜・BankART Studio NYKにて開催する。
アイデアを形にするだけでなく、ものづくりの先にそれを届けたい「人」がいることを意識し、来場者の率直な意見を聞こうとWhat's up? をテーマに据えた。何でできているか、どうしてこの色なのか、ぜひ会場で気軽に声をかけてほしいとのこと。入場無料。


●多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻について
 プロダクトデザインとは、人々の生活を支える身の回りのあらゆるモノに関わるデザインを指す。近年、その領域は製品の色や形にとどまらず、人とモノとの関係が創り出す、生活・空間・社会など、多くの分野に広がりを見せている。本専攻のプログラムではそれらの変化に対応し、''手''で作って考えるベーシックなスキルから、多元的に物事を見て考える力、最新デジタル機器の活用力、国際人としてのコミュニケーション力といった、多様なスキルを身につける。これらはケースメソッドを用いたアクティブラーニングの中で育まれ、未来を担う個性豊かなプロダクトデザイナーの育成を実現している。卒業後は自動車、家電、情報通信機器業界など、産業の中心を担う企業に毎年多数の就職実績を上げている。


[展覧会概要]
プロダクトデザイン専攻卒業・修了制作展2018 ''What's up?''
会期:2018年3月2日(金)~4日(日)
   11:00~19:00(最終日17:00まで)
会場:BankART Studio NYK
   神奈川県横浜市中区海岸通3-9

入場無料


*多摩美術大学の卒業制作展一覧はこちらのページをご覧ください。
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
多摩美術大学総合企画室
住所:東京都世田谷区上野毛3-15-34
TEL:03-3702-1168


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]