logo

HacobuがEY Innovative Startup 2018を受賞

株式会社Hacobu 2018年02月28日 19時00分
From PR TIMES

株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木太郎、以下「Hacobu」)は、新日本有限責任監査法人(以下、EY)が企画する"EY Innovative Startup 2018"のLogistics & Energy分野において、イノベーションを推進するスタートアップ企業として選出されました。



■ EY Innovative Startup 2018とは
[画像1: リンク ]


 “EY Innovative Startup 2018”は、優れたスタートアップ企業を正当に評価することで、さらなる成長を支援し、経済活性化につながるイノベーションの促進を目的に2017年より開催されています。企業は、EYのネットワーク・ナレッジ、外部有識者の意見を参考に選出し、革新性、成長性、社会性の3つの評価基準によって決定しており、今回は今後著しい成長が期待されるホットトレンド10分野において、イノベーションを推進するスタートアップ21社が決定しました。今回、HacobuはLogistics & Energy分野において選出されました。

詳細URL:リンク
受賞企業特集ページ:リンク

■ Hacobuについて
 Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、IoTとクラウドを統合した物流情報統合プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。輸配送の課題をテクノロジーを活用して解決することを目指し、これまで配送受発注のオンライン化、オンライン求車サービス、トラックの動態管理、温度管理、等の機能モジュールをMOVO上で展開しております。直近では新しい機能モジュールの開発を進めております。


[画像2: リンク ]



<株式会社Hacobuについて>
本社:〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-3 菊島ビル2階
代表者:佐々木 太郎
設立:2015年6月30日
企業URL:リンク
クラウド型配車・運行管理システムURL:リンク
配送依頼サービスURL:リンク
事業内容:ハードウェアの設計製造販売、アプリケーション開発提供

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]