logo

「淡麗プラチナダブル」が中味・パッケージともにリニューアル

キリン株式会社 2018年02月27日 11時00分
From Digital PR Platform


リンク  リンク

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、2014年の発売以降好評いただいている「淡麗プラチナダブル」を中味・パッケージともにリニューアルし、3月上旬製造品より全国で順次切り替えます。

プリン体0.00※1×糖質0※2のビール系市場(以後、ゼロゼロ系市場)は、継続した健康意識の高まりから、今後も堅調に推移していく見込みです※3。一方で、味への不満やおいしさへのマイナスイメージは強く、ゼロゼロ系商品の味覚への期待は非常に強くなっています。
「淡麗プラチナダブル」は、味覚に高い評価をいただき、ゼロゼロ系市場で3年連続前年の販売数量を上回り、好調に推移してきました。今回のリニューアルでは、“飲みごたえ”と“爽快なキレ”を強化することで、よりビールに近いおいしさと飲みやすさを実現しました。
※1 100ml当たりプリン体0.005mg未満を「プリン体0.00」と表示している
※2 栄養表示基準による
※3 キリン調べ

リニューアルした当商品に関する味覚調査では、お客様から「味や香り、のどごし、キレともにビールに近く感じられた」「ビールのコクが感じられておいしい」などの声が寄せられるなど、リニューアル後も引き続き、「プリン体0.00×糖質0」の機能や本格的なうまさが評価されています。

【リニューアルのポイント】
●中味について
・原材料比率の最適化を図り、「爽快なキレとコク」の強化によって、よりビールに近いおいしさと飲みやすさを実現

●パッケージについて
・淡麗ブランドらしい本格感はそのままに、“現代感”と“機能の訴求力”を高め、進化したおいしさを表現したデザイン

●広告について
・イメージキャラクターに人気漫画「クッキングパパ」(講談社刊)を起用し、店頭・キャンペーン・デジタルを連動した施策を展開

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]